FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(邦画)

暗黒女子 動画

暗黒女子

『暗黒女子』の動画をチェック↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

無料視聴を探すなら動画配信サービスがオススメ!


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (Video On Demand:VOD) とも呼ばれ、視聴者が観たい時に様々な映像コンテンツをインターネット上で視聴することができるサービスです。これまで映画を見る方法は、DVDやブルーレイなどメディア媒体に記録されたデータをユーザーが物理的に購入するしかありませんでした。しかし、これは非常にコストもかかるし、ユーザーも手間が多く、煩雑な手法でもありました。そこで現在急速に主流化していったのが動画配信サービスです。これを用いることで、インターネット環境さえあれば、どこでも自由に作品を視聴することができるようになりました。

VODには、コンテンツごとに課金して限定的に視聴するもの(エレクトリック・セルスルーやペイ・パー・ビューとも呼ばれます:PPV)、月会費や年会費を支払うと多くのコンテンツが好きなだけ見放題となるもの(サブスクリプションモデルとも呼ばれます:SM)があります。どちらも便利であることには変わりありませんが、PPVは新作映画でもすぐに視聴できるものが多く、SMは旧作が多めです。VODによっては、どちらか片方のものもあれば、両方の機能が備わっているものもあり、利用体験はかなり変わってきます。この仕組みについて理解していなければ、「無料じゃないの?」と混乱することがあるので、気を付けましょう。

そのVODは現在いろいろな会社が展開しているサービスがあり、何も知らないと迷ってしまいます。その数の多さに目がいき、細かい違いまではわかりにくいものです。そこで代表的なサービスについて、簡単に機能を整理してまとめました。

U-NEXT


日本の会社が運営しており、かなり歴史もあって、安定しているサービスです。機能としては、PPVとSMの両方を兼ね備えています。コンテンツの種類は豊富で、邦画や洋画から、日本のドラマ、アニメ、番組まで多種多様。使い勝手も良く、リニューアルしたこともあって、便利さは日々改善されてパワーアップしています。無料お試しキャンペーンがあり、その期間であれば、作品が見放題。さらにポイントもあるのでコンテンツ課金作品でも少数であれば無料視聴することが可能です。

TSUTAYA


有名なレンタル企業ですが、VODも展開しています。このサービスの魅力は、配信以外にも、レンタルにも対応しているところ。つまり、「配信で見たい作品がなかった!」というときはレンタルで探すことが可能です。しかも、家にいながらレンタルを注文できて、家まで届けてくれます。返すときもポストに出すだけでいいので、店に行く必要性はありません。通常のVODの欠点をカバーしたものと考えると非常に有用です。こちらも無料でお試しできるキャンペーンがあるので、そちらを利用することで、無料でいくつかの作品を視聴することもでき、楽しい映画ライフを送ることができます。

Videomarket


「ビデオマーケット」は少し知名度が低いですが、作品の充実性で言えば、大手よりもはるかにバラエティに富んでいます。このVODのメリットは、新作に強いということ。配信を開始した作品をすぐに扱い、コンテンツ課金で視聴ができます。SMもありますが、そのバリエーションは少なめなので、メインはPPVの利用となるでしょう。こちらの無料でお試しキャンペーンではポイントをもらうことができ、それで新作映画も視聴ができます。言い換えると、いくつかの作品数であれば、無料視聴が実質可能になるということです。新作映画を確実に見たいのであれば、このVODは強い味方になるでしょう。

Hulu


見放題サービスのなかでは一番日本人に身近なものがHuluです。SMだけで展開していますが、作品の充実さは大きな魅力になっています。アメコミ映画など大作や人気のアニメ作品を始め、シリーズものを一気に配信することも多く、タイミングよく利用すると特定のファンの人には大満足できるでしょう。2017年にはドメインを「hulu.jp」から「happyon.jp」に移行し、サービスをさらにパワーアップさせました。日本の番組も配信されているので、日本のコンテンツが乏しいNetflixよりも日本ユーザーの一般層に親しみやすいのが支持されている理由のひとつでもあります。

dTV


ご存知ドコモが運営しているサービスで、当初は利用者も限定的でしたが、その手軽さとスマホとの親和性から一気にユーザー数が拡大しました。配信作品数もバラエティに富んでおり、日本のコンテンツを重視する傾向もあるなど、日本人好みが多め。連動企画やここだけの作品もあったり、毎回違った発見もある楽しいサービスが魅力になっています。ドコモユーザーでなくても利用できるので、気軽に試すのも良いでしょう。VODとしては月額の料金が安く設定されているのも、他にはない個性となっており、お得感があります。ドコモ利用者でなくても関心を持ってみると良いのでは?

au ビデオパス


名前からはわかりにくいですが「au」のサービスです。国内ドラマの見逃し配信や映画など1万本の動画が見放題になります。見放題プランに加入することで初回登録から30日間は無料で利用でき、見放題には含まれない動画が毎月1本レンタルできる540円相当のコインが毎月付与されるので、準新作もしっかり視聴可能。2018年8月にはau以外のユーザーでも利用できるようになり、ますます認知度が上がって、試せる人の数も増えました。日本のコンテンツの充実さは大きな特徴であり、芸能系や話題作など一般向け作品が好みな人ほど楽しめるバラエティになっています。

Netflix


世界190ヵ国以上で配信事業を展開する、まさに動画配信サービスの王様のような巨大な成功をおさめた企業のグローバルサービスです。日本では2015年に開始されましたが、映画ファンを中心に急速に人気を集め、マニアから一般層、大人から子どもまで幅広い人が利用しています。字幕や吹き替えの選択が自由なほかに、英語字幕が選べる作品もあるため、語学学習に利用する人もいます。Netflixオリジナル作品として独占配信している映画もあり、中には高評価を集め、受賞している非常に素晴らしい名作も生まれており、批評家からの注目も高まっています。

作品紹介


作品概要・あらすじ
2017年4月1日に劇場公開。秋吉理香子の同名ミステリー小説を、NHK連続テレビ小説「まれ」の清水富美加と「MARS ただ、君を愛してる」の飯豊まりえのダブル主演で実写映画化。「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」など数々のヒットアニメを手がけた岡田麿里が実写映画の脚本を初めて担当し、「百瀬、こっちを向いて。」の耶雲哉治監督がメガホンをとった。

聖母マリア女子高等学院で、経営者の娘にして全校生徒の憧れの存在である白石いつみが、校舎の屋上から謎の転落死を遂げた。彼女の手には、なぜかすずらんの花が握られていた。真相が謎に包まれる中、いつみが主宰していた文学サークルの誰かが彼女を殺したという噂が流れる。いつみから文学サークルの会長を引き継いだ親友の澄川小百合は、「白石いつみの死」をテーマに部員たちが書いた物語を朗読する定例会を開催。部員たちはそれぞれ「犯人」を告発する作品を発表していくが…。

キャスト/キャラクター
清水富美加/澄川小百合
飯豊まりえ/白石いつみ
清野菜名/高岡志夜
玉城ティナ/ディアナ・デチェヴァ
小島梨里杏/小南あかね
平祐奈/二谷美礼
升毅
千葉雄大/北条先生

感想をチェック
役者陣が美しく、魅力的な存在感を放つ素晴らしい映画でした。

段々と引き込まれていく物語。各々の妄想で広がっていく世界は思春期の女子を主人公にすることで寒くならずに美しいままで完結していた。すごいファンタジーワールドでしたが、おもしろかったです。ラスト24分の衝撃と銘打ってあそこまで主役が主張しないと展開読めちゃうとこが残念でしたね。
飯豊まりえ演じるいつきは周りを駒のように扱い嘲笑う様は狂気でした。

見終わった後、女って怖いな…と、単純ですがそう感じました。皆さん かわいく美しく、エロくミステリアス。個人的にはとても好きな作品です。犯人は誰なんだろう?誰かが嘘を付いていて…などといろいろ考えながら見ていましたが、予想できない結末で非常に満足。女だけの世界では、少なからずこういうドロドロさは現実にあるかもしれませんね。そこにホラーさも感じられてこのゾクゾク感がたまりませんでした。


【!】
無料動画サイトは、動画の画質が悪い、頻繁に再生が停止する、通信が不安定、リンク切れが起こる、広告が表示され視聴の妨げになる、パソコンに負荷をかける、個人情報を盗み取るような不正なサイトが表示されるなど、ユーザーにとって良くない体験をもたらします。そこで作品を無料で見たい場合は、適正に管理されたサイトをオススメします。このページでは、悪質なサイトは排除し、適正なサイトだけを紹介しています。

(C)2017「暗黒女子」製作委員会 (C)秋吉理香子/双葉社
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。