FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(邦画)

「映画 少年たち」を無料動画で見る;無料ホームシアター不使用

映画 少年たち

『映画 少年たち』の動画をチェック[PR]↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『映画 少年たち』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

dTV


ご存知ドコモが運営しているサービスで、当初は利用者も限定的でしたが、その手軽さとスマホとの親和性から一気にユーザー数が拡大しました。配信作品数もバラエティに富んでおり、日本のコンテンツを重視する傾向もあるなど、日本人好みが多め。連動企画やここだけの作品もあったり、毎回違った発見もある楽しいサービスが魅力になっています。ドコモユーザーでなくても利用できるので、気軽に試すのも良いでしょう。VODとしては月額の料金が安く設定されているのも、他にはない個性となっており、お得感があります。ドコモ利用者でなくても関心を持ってみると良いのでは?

Rakuten TV


オンラインでスポーツや映画、ドラマ、アニメなど約18万本の動画を配信するもので、運営は「楽天」です。有料作品をレンタル・購入した分だけ料金が発生する従量課金制の作品と、パックに含まれる作品を定額で何本でも視聴できる定額見放題の作品の2つのタイプがあります。有料コンテンツをレンタル・購入する際、全額、または一部を、楽天スーパーポイントでお支払い可能です。ポイントが溜まっている人は活用できます。初めての利用ではポイントがもらえるキャンペーンをやっていることもあるので、こまめにチェックしましょう。継続利用でもお得感満載です。

クランクイン!ビデオ


最新の映画・ドラマ・アニメを中心に約10000本。レンタルショップでお困りの入会金や延滞料金はゼロ円。無駄な出費はなし。貸出し中もないので、いつでも好きな時にレンタルできます。待つ必要性はなし。「作品ごと」か「お得な月額プラン」が選べます。新作の扱いもかなり揃っているので「映画館で見逃したあの映画をレンタルで見たい。でも店に行く時間もない」そんなときこそジャストフィット。認知度は低めのサービスですが、デジタル配信に特化しているので、余計な機能やサービスと連動したりもせずにシンプルなのも意外な魅力となっています。

無料ホームシアター


海賊版コンテンツにリーチするサイトです。違法なため利用しないでください。利用者はアクセス記録が残るため逮捕の可能性もゼロではありません。宣伝にならないようにURLはこちらでは記載していません(情報をぼかしています)。ユーザーの個人情報を騙し取る悪質な広告が表示されるなどして不利益を与えるページも確認されているので、利用は絶対にオススメしません。無料というワードに釣られてクリックやタップをしないようにしましょう。「映画無料動画で夢心地」など他にも類似の危険性を持ったサイトがあるので注意しましょう。

『映画 少年たち』の作品紹介


作品概要・あらすじ
2019年3月29日に劇場公開。ジャニー喜多川が企画・構成・総合演出を手がけ、ジャニーズ事務所の若手メンバーたちが代々出演してきた舞台「少年たち」を映画化。ジャニーズJr.の人気グループである「SixTONES」「Snow Man」「なにわ男子」「関西ジャニーズJr.」のメンバーが中心となる少年たちを演じ、「関ジャニ∞」の横山裕、「A.B.C-Z」の戸塚祥太らジャニーズ事務所の先輩メンバーたちも出演。ジャニー喜多川製作総指揮の下、「超高速!参勤交代」シリーズの本木克英監督がメガホンを取る。録音は栗原和弘と松本悟。

心に深い傷を抱え、それぞれの事情から少年刑務所に収監された少年たち。争うことでしか自分を鎮めることができない彼らは、赤房、青房、黒房の各チームで徒党を組んでケンカを繰り返していた。そんなある日、新たに1人の少年が収監される。身寄りがなく誰にも心を開かなかった彼は、ここで初めて信じられる仲間に出会い、友情を育んでいく。しかし、冷酷な看守長が赴任してきたことをきっかけに事件が起こり…。


キャスト/キャラクター
ジェシー/ジョー(112番)
京本大我/ジュン(264番)
高地優吾/エガオ(18番)
松村北斗/ダイケン(391番)
森本慎太郎/ヒロト(7番)
田中樹/情報屋(482番)
岩本照/コウタ(501番)
深澤辰哉/タスク(55番)
渡辺翔太/リョウ(189番)
阿部亮平/ホスト(131番)
宮舘涼太/シュンソク(66番)
佐久間大介/マル(9番)
西畑大吾/炭谷(16番)

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
罪状を責めるのではなく、その原因を生みだしたものを責めるべきであろう。従来から語られているジャニーさんのメッセージ「過去でもない、現在でもない、未来なんだ」という言葉を思い出す。矯正後の彼らの未来に重きを置いている点は重要である。もはやストーリーに1ミリも関係のないオリジナルソング(ジャポニカスタイル)が唐突に始まるのも、恐らくジャニーズ側の無理なオーダーを汲んで、監督と脚本頑張ったな!とひたすら感心。

従来の日本映画にはあまり見られない構成。元が舞台なだけに、歌やダンス、抽象的な表現が多い。途中で語られる少年の母親のガンの行方、看守長が時を経て性格が丸くなっていたりと、こちらに判断を任せられるシーンが多い。ただ総合的に観たらいろいろ詰めこみ過ぎてどっちつかずの作品で舞台だったら面白いけど映画にしたらジャニーズ好きな人以外は物足りないと思います。しかしこの慣れない演出の少年たち、歌とダンスと芝居の質の高さで説得力が補完され芸術作品としてとんでもないバランスで成立している。

基本はミュージカルで冒頭に長尺の歌とダンスがあります。挿入歌も多いです。ジャニーズJr.が演じているので歌とダンスのクオリティはとても高いです。特にジョー役のジェシーさんはとても繊細な歌声で彼の歌を初めて聴く方は少々驚くかもしれません。それで、ミュージカルなのでオープニングの後もテンポ良く進んで行き、観ているこちら側もそのリズムに乗らされる感じ。その中で、お芝居の部分もあるのですが、そこに伊武さん、森口さん、山下リオさんと演技力がある役者さんを投入したので、上手く少年たちの魅力が引き出されていたと思います。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。