FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(邦画)

「まく子」を無料動画で見る;映画夢心地は不要

まく子

『まく子』の動画をチェック[PR]↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『まく子』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

dTV


ご存知ドコモが運営しているサービスで、当初は利用者も限定的でしたが、その手軽さとスマホとの親和性から一気にユーザー数が拡大しました。配信作品数もバラエティに富んでおり、日本のコンテンツを重視する傾向もあるなど、日本人好みが多め。連動企画やここだけの作品もあったり、毎回違った発見もある楽しいサービスが魅力になっています。ドコモユーザーでなくても利用できるので、気軽に試すのも良いでしょう。VODとしては月額の料金が安く設定されているのも、他にはない個性となっており、お得感があります。ドコモ利用者でなくても関心を持ってみると良いのでは?

FOD フジテレビオンデマンド


フジテレビジョンが運営するサービスです。動画配信、ライブ配信、雑誌やコミックなどの電子書籍を1つのプラットフォームで提供するのが大きな特徴で、広範囲をカバーしたエンタメ総合サービスでもあります。テレビ番組の見逃し配信に注目して実践してきたこともあり、番組ファンの利用者を中心に支持を集めています。スマートフォン向けアプリ「FOD」の累計ダウンロード数も順調に増加しており、スマホでの鑑賞も多いことがうかがえます。4万タイトル・15万冊の電子書籍・コミックも配信中なので、デジタルで見ることに抵抗のない本好きの人も見逃せません。

GYAO!(ギャオ!)


2009年に株式会社GyaO運営の「GyaO」とYahoo! JAPAN運営の「Yahoo!動画」が統合されて無料動画配信サイト「GyaO!」となったサービスです。同時に有料動画配信サイト「GYAO!ストア」を開設しており、無料で見られる作品と有料作品が混在しています。無料作品に関しては期間限定で配信しており、登録なしで鑑賞できるために、非常に気軽に見られるとユーザーからは好評です。無料で配信している作品は、邦画・洋画とバラエティ豊かで、マイナーな作品もあれば、賞を受賞しているような有名作品もあります。無料だからといって全てが安っぽい作品ばかりではありません。

無料ホームシアター


海賊版コンテンツにリーチするサイトです。違法なため利用しないでください。利用者はアクセス記録が残るため逮捕の可能性もゼロではありません。宣伝にならないようにURLはこちらでは記載していません(情報をぼかしています)。ユーザーの個人情報を騙し取る悪質な広告が表示されるなどして不利益を与えるページも確認されているので、利用は絶対にオススメしません。無料というワードに釣られてクリックやタップをしないようにしましょう。「映画無料動画で夢心地」など他にも類似の危険性を持ったサイトがあるので注意しましょう。

『まく子』の作品紹介


作品概要・あらすじ
2019年3月15日に劇場公開。直木賞作家・西加奈子の同名小説を映画化し、小さな温泉街に住む少年が転入生の不思議な少女との出会いを通して成長していく姿を描いた人間ドラマ。「真夏の方程式」の山崎光が慧役で映画初主演を務め、物語のカギを握る謎の転入生コズエ役には本作が2度目の映画出演となる新星・新音を抜擢。慧の父・光一役を草なぎ剛、母・明美役を須藤理彩が演じる。監督は、長編第1作「くじらのまち」が国内外で高く評価された新鋭・鶴岡慧子。VFXプロデューサーは赤羽智史。砂絵アニメーションは佐藤美代。

温泉街で暮らす小学5年生の慧は、子どもと大人の狭間で戸惑っていた。そんなある日、彼の学校に不思議な魅力の美少女コズエが転入してくる。コズエが抱える大きな秘密を知ることで、慧が今まで見てきた世界は優しく塗り替えられていく。


キャスト/キャラクター
山崎光/南雲慧
新音/コズエ
須藤理彩/南雲明美
草なぎ剛/南雲光一
つみきみほ/コズエのオカアサン
村上純/ドノ
橋本淳/小菅
内川蓮生/類
根岸季衣/キミエおばちゃん
小倉久寛/校長

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
誰もが通ってきた、甘酸っぱい日常を描いていたと思ったら、急にファンタジーになって、少し面食らいました。でも、誰にでも再生のチャンスがあるんだなって、清々しさみたいなものを感じました。原作を読んでいたことでよくわかることも多々ありました。父と息子が2人っきりで話をするときの、つよぽんの横顔がなんとも言えず、よかったです。

控えめな自然の美しさと四万温泉のひなびた街並みが、丁寧に映像に記録されています。そこで暮らしている人達の普通の暮らしに、梢という謎の少女が加わり、話が展開していきます。派手さはないものの温泉入ってラムネ飲んで塩むすびが食べたくなるほっこりした映画でした。観た後に日本人っていいなと思ってしまいました。かなり好き嫌いが分かれる、というかおそらく大半の人には理解しにくくて、面白いと思わないのではないか。わかりやすい落ちがあるわけでも、なにかすっきりするイベントがあるわけではない。

ヒロインの新音さんも、美しいだけでなく独特な雰囲気を醸し出し作品のいいアクセントになっていた。ストーリーの展開は一見突拍子も無い感じだけど、出演者の雰囲気や演出でとても良くまとまっていたと思う。徐々に変わっていく、繊細な心の動きを堪能するために、原本を読んでからまた観たいです。草なぎ剛さんのダメ親父っぷりは役者として新たな一面を見せてくれた気がした。普段と全く違う雰囲気なのがまた魅力的。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。