FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(邦画)

「君は月夜に光り輝く」を無料動画で見る;無料ホームシアター不使用

君は月夜に光り輝く

『君は月夜に光り輝く』の動画をチェック[PR]↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『君は月夜に光り輝く』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

Paravi パラビ


東京放送ホールディングス・日本経済新聞社・テレビ東京ホールディングス・WOWOW・電通・博報堂DYメディアパートナーズの6社出資によって運営されるサービスです。2018年4月に開始されたばかりで、他の同様のサービスと比べるとラインナップも後追いで少ない傾向にありますが、日本企業らしくここでしかない日本のコンテンツを揃えているので、その独自性で勝負しています。テレビ番組が充実しているほか、芸能系や番組系のオリジナルコンテンツもあり、ふだんテレビをよく見ている人ほど、「これが見たい!」とベストマッチしやすいでしょう。

iTunes


家でくつろいでいる時も、外出先でも、iTunesがあればいつでも映画の世界に飛び込めます。あなたは観たい作品をダウンロードするだけで完了。すると、通勤電車の中が、空港のゲートの前が、順番を待っている列が、あなた専用の映画館に変わります。iTunes Extrasでは、未公開シーンや別テイクなどの特典映像を楽しめます。観たい映画が決められない場合は、iTunesが厳選した「おすすめ」をチェックしてみましょう。Apple TV 4Kを使えば、お気に入りのコンテンツを4K HDRで楽しむこともできます。あなたの映画のコレクション全体を整理するのも簡単にできます。

クランクイン!ビデオ


最新の映画・ドラマ・アニメを中心に約10000本。レンタルショップでお困りの入会金や延滞料金はゼロ円。無駄な出費はなし。貸出し中もないので、いつでも好きな時にレンタルできます。待つ必要性はなし。「作品ごと」か「お得な月額プラン」が選べます。新作の扱いもかなり揃っているので「映画館で見逃したあの映画をレンタルで見たい。でも店に行く時間もない」そんなときこそジャストフィット。認知度は低めのサービスですが、デジタル配信に特化しているので、余計な機能やサービスと連動したりもせずにシンプルなのも意外な魅力となっています。

無料ホームシアター


海賊版コンテンツにリーチするサイトです。違法なため利用しないでください。利用者はアクセス記録が残るため逮捕の可能性もゼロではありません。宣伝にならないようにURLはこちらでは記載していません(情報をぼかしています)。ユーザーの個人情報を騙し取る悪質な広告が表示されるなどして不利益を与えるページも確認されているので、利用は絶対にオススメしません。無料というワードに釣られてクリックやタップをしないようにしましょう。「映画無料動画で夢心地」など他にも類似の危険性を持ったサイトがあるので注意しましょう。

『君は月夜に光り輝く』の作品紹介


作品概要・あらすじ
2019年3月15日に劇場公開。電撃小説大賞を受賞した佐野徹夜の同名デビュー小説を永野芽郁と北村匠海の主演、「君の膵臓をたべたい」の月川翔監督のメガホンで映画化。まみず役を永野、卓也役を北村がそれぞれ演じる。スタイリストは望月恵。ヘアメイクは百瀬広美。

高校生の岡田卓也が出会った同級生の渡良瀬まみずは、不治の病である発光病で入院生活を送っていた。細胞の異常によって皮膚が発光するその病気は、死が近づくにつれて光が強くなり、成人するまで生存した者はいない。卓也は、病院から外出が許されないまみずに代わり、彼女の願いを実行し、その感想を彼女に伝える「代行体験」を始め、まみずは卓也との代行体験を通し、人生の楽しみを覚える。次第に2人の距離は縮まっていくが、卓也とまみずは避けることができない死の恐怖に襲われる。


キャスト/キャラクター
永野芽郁/渡良瀬まみず
北村匠海/岡田卓也
甲斐翔真/香山彰
松本穂香/岡田鳴子
今田美桜/平林リコ
優香/岡崎
生田智子/渡良瀬律
長谷川京子/岡田恭子
及川光博/深見真

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
病に侵された美少女が、亡くなる直前に生きる喜びを感じて短い輝きを放つという、想定内の内容ですがとてもよくできていました。最後まで寄り添えたところはキミスイより良かったです。恋愛の緊張感や美しさを増す効果があるので、最近利用されすぎな設定ですが、新鮮さもあり、画面に引き込む力もあるいい作品になっています。「発行病」という聞きなれない病気を作り出して美しい月夜のシーンを演出したり、「代行」という仕掛けが最初から最後までとても効果的でした。

発光病という不治の病で入院している会ったことのないクラスメイトのまみずに、クラスで書いた色紙を渡すために病室を訪ねることで2人は出会います。そこから、卓也がまみずの死ぬまでにしたいことを代行して報告することで2人は絆を深めていく。比較的、ゆったりとしたストーリーで進んでいく印象でした。愛する人を失うのも、愛する人を残して死んでいくのも、そりゃやっぱり辛いし切ないよ。卓也には亡くなった姉がおり、その姉の死にも直接的ではないものの発光病との繋がりがあったり。感情を強く出さないキャラクターではあるものの、演じてる北村くんの演技がとても良く、静かにしっかり表現してる印象でした。

キミスイを観て号泣した人間なので、監督と主演俳優が同じな上、設定やストーリーも類似点が多いこの作品は期待半分、不安半分でした。しかしいざ作品を観たら、いつのまにか泣いてましたね。号泣というより、じわじわと涙腺がダメになります。余命モノにしては悲しすぎないというか、後味が良い。個人的に大好きでした。ここで泣け!的なアイテムをポンポン出しながらも、大人目線でいえば、一番泣かせられたのはミッチーのシーン。「一発殴らせろ」で思わず嗚咽を漏らしそうになった。主演2人の演技は最高だし、ミッチーなどの脇役も抜群に良かったです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。