FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(邦画)

「九月の恋と出会うまで」を無料動画で見る;無料ホームシアターは不要

九月の恋と出会うまで

『九月の恋と出会うまで』の動画をチェック[PR]↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

無料視聴を探すなら動画配信サービスがオススメ!


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

Videomarket


「ビデオマーケット」は少し知名度が低いですが、作品の充実性で言えば、大手よりもはるかにバラエティに富んでいます。このVODのメリットは、新作に強いということ。配信を開始した作品をすぐに扱い、コンテンツ課金で視聴ができます。SMもありますが、そのバリエーションは少なめなので、メインはPPVの利用となるでしょう。こちらの無料でお試しキャンペーンではポイントをもらうことができ、それで新作映画も視聴ができます。言い換えると、いくつかの作品数であれば、無料視聴が実質可能になるということです。新作映画を確実に見たいのであれば、このVODは強い味方になるでしょう。

GYAO!(ギャオ!)


2009年に株式会社GyaO運営の「GyaO」とYahoo! JAPAN運営の「Yahoo!動画」が統合されて無料動画配信サイト「GyaO!」となったサービスです。同時に有料動画配信サイト「GYAO!ストア」を開設しており、無料で見られる作品と有料作品が混在しています。無料作品に関しては期間限定で配信しており、登録なしで鑑賞できるために、非常に気軽に見られるとユーザーからは好評です。無料で配信している作品は、邦画・洋画とバラエティ豊かで、マイナーな作品もあれば、賞を受賞しているような有名作品もあります。無料だからといって全てが安っぽい作品ばかりではありません。

Google Play


主にAndroid端末向けデジタルコンテンツ(アプリケーション・映画・音楽・書籍など)の配信サービスでしたが、今ではGoogleのアカウントさえあれば誰でも利用できます。Gmailを利用している人は多いので、アカウントをすでに持っている人も多いでしょう。配信作品は非常に充実しており、デジタル配信はDVD販売よりも先行することが多いため、いち早く観たい人には嬉しいです。サイト内で動画を再生するときは、広告ブロックなどをONにしていると上手く再生画面に移行しないときがあるので、必ずOFFにしておきましょう。価格が安くなっているときもあるので要チェックです。

Dailymotion


フランスの動画共有サービスで、2005年にサービスが開始された歴史あるものです。多言語展開が整備されており、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、デンマーク語、スウェーデン語、ルーマニア語、トルコ語、日本語、韓国語、中国語のサービスが公開済みなために日本のユーザーも楽しめます。一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構による違法動画を海賊版動画照合システムを採用しており、管理体制も抜群です。セクシャルな動画に関してはYoutube以上に寛容というスタイルなため重宝されている側面もあります。

無料ホームシアター


海賊版コンテンツにリーチするサイトです。違法なため利用しないでください。利用者はアクセス記録が残るため逮捕の可能性もゼロではありません。宣伝にならないようにURLはこちらでは記載していません(情報をぼかしています)。ユーザーの個人情報を騙し取る悪質な広告が表示されるなどして不利益を与えるページも確認されているので、利用は絶対にオススメしません。無料というワードに釣られてクリックやタップをしないようにしましょう。「映画無料動画で夢心地」など他にも類似の危険性を持ったサイトがあるので注意しましょう。

作品紹介


作品概要・あらすじ
2019年3月1日に劇場公開。松尾由美の同名人気恋愛小説を高橋一生、川口春奈の主演で映画化。平野役を高橋一生、志織役を川口が演じるほか、浜野謙太、中村優子、川栄李奈、古舘佑太郎、ミッキー・カーチスらが顔をそろえる。監督は「グッモーエビアン!」「わたしに××しなさい!」の山本透。VFXプロデューサーは侭田日吉。

あるマンションに引っ越してきた志織は、新しい部屋で「こちらは1年後の未来です。あなたに危険が迫っています!」という不思議な声を耳にする。その声は強盗殺人に遭うところだった志織を助けるため、未来から届いた誰かの声だった。志織からこの不思議な出来事の相談を受けた小説家志望の隣人・平野は、志織が本来遭うはずだった強盗から助かったことにより、タイムパラドックスが生じてしまうことに気がつく。それは過去の出来事を変えたことで、1年後に志織の存在が消えてしまうことを意味していた。


キャスト/キャラクター
高橋一生/平野進
川口春奈/北村志織
浜野謙太/倉
中村優子/祖父江
川栄李奈/香穂
古舘佑太郎/森秋真一
ミッキー・カーチス/権藤

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
高橋一生が見たくて、観に行った。予告編、あまり記憶になくて…。でも、高橋一生だから、見に行かなきゃって感じだった。結論から言うと、全てが、想像どおり。原作は読んでないけど、なんとなくストーリーも予測できた。散りばめられている伏線も、回収の仕方までも、予測できた。それでも面白いと思えたのは、私が、高橋一生が好きだからなのか、高橋一生の演技力ゆえなのか…。

タイムパラドックスものとはいえ、場所が詩織の部屋が中心となるため『オーロラの彼方へ』のような声のみのタイムスリップ。詩織が本来なら死んでいることから、パラドックスが起こることを恐れるという、普通のドラマとは逆のパターンが新しいといえば新しい。しかし、詩織が殺されるという点は推測でしかないので、ストーリーはアンビギュイティの上に成り立つ不安定なものだ。

本作品と同じように高橋一生がややエキセントリックな役を演じた映画「嘘を愛する女」では相手役を長澤まさみが務めたが、演技力が優れているとは思えない長澤でも、今回の川口よりはかなりマシだった。川口春奈がまったく駄目ということでもないが、アップの多い本作品では女優力がものをいう。もう少し演技力があって表情にバリエーションのある女優さんが演じたら、ちょっとは作品に奥行きが出たのではないかと思う。

2人が出会って付き合いが始まり色々な出来事あり、後々伏線として結末を迎える王道な流れ。タイムパラドックスの謎を解きながら2人のなんと言えない会話と、高橋一生の不気味で無表情だけど熱い感情を持つ演技と川口春奈の衣装と魅力が不思議とハマっておもしかった。いい感じの恋愛映画でした。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。