FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(邦画)

「アリータ バトル・エンジェル」を無料動画で見る;無料ホームシアターは不要

アリータ バトル・エンジェル

『アリータ バトル・エンジェル』の動画をチェック[PR]↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『アリータ バトル・エンジェル』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

Videomarket


「ビデオマーケット」は少し知名度が低いですが、作品の充実性で言えば、大手よりもはるかにバラエティに富んでいます。このVODのメリットは、新作に強いということ。配信を開始した作品をすぐに扱い、コンテンツ課金で視聴ができます。SMもありますが、そのバリエーションは少なめなので、メインはPPVの利用となるでしょう。こちらの無料でお試しキャンペーンではポイントをもらうことができ、それで新作映画も視聴ができます。言い換えると、いくつかの作品数であれば、無料視聴が実質可能になるということです。新作映画を確実に見たいのであれば、このVODは強い味方になるでしょう。

Hulu


見放題サービスのなかでは一番日本人に身近なものがHuluです。SMだけで展開していますが、作品の充実さは大きな魅力になっています。アメコミ映画など大作や人気のアニメ作品を始め、シリーズものを一気に配信することも多く、タイミングよく利用すると特定のファンの人には大満足できるでしょう。2017年にはドメインを「hulu.jp」から「happyon.jp」に移行し、サービスをさらにパワーアップさせました。日本の番組も配信されているので、日本のコンテンツが乏しいNetflixよりも日本ユーザーの一般層に親しみやすいのが支持されている理由のひとつでもあります。

iTunes


家でくつろいでいる時も、外出先でも、iTunesがあればいつでも映画の世界に飛び込めます。あなたは観たい作品をダウンロードするだけで完了。すると、通勤電車の中が、空港のゲートの前が、順番を待っている列が、あなた専用の映画館に変わります。iTunes Extrasでは、未公開シーンや別テイクなどの特典映像を楽しめます。観たい映画が決められない場合は、iTunesが厳選した「おすすめ」をチェックしてみましょう。Apple TV 4Kを使えば、お気に入りのコンテンツを4K HDRで楽しむこともできます。あなたの映画のコレクション全体を整理するのも簡単にできます。

Rakuten TV


オンラインでスポーツや映画、ドラマ、アニメなど約18万本の動画を配信するもので、運営は「楽天」です。有料作品をレンタル・購入した分だけ料金が発生する従量課金制の作品と、パックに含まれる作品を定額で何本でも視聴できる定額見放題の作品の2つのタイプがあります。有料コンテンツをレンタル・購入する際、全額、または一部を、楽天スーパーポイントでお支払い可能です。ポイントが溜まっている人は活用できます。初めての利用ではポイントがもらえるキャンペーンをやっていることもあるので、こまめにチェックしましょう。継続利用でもお得感満載です。

Dailymotion


フランスの動画共有サービスで、2005年にサービスが開始された歴史あるものです。多言語展開が整備されており、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、デンマーク語、スウェーデン語、ルーマニア語、トルコ語、日本語、韓国語、中国語のサービスが公開済みなために日本のユーザーも楽しめます。一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構による違法動画を海賊版動画照合システムを採用しており、管理体制も抜群です。セクシャルな動画に関してはYoutube以上に寛容というスタイルなため重宝されている側面もあります。

『アリータ バトル・エンジェル』の作品紹介


作品概要・あらすじ
2019年2月22日に劇場公開。木城ゆきとによる日本のSF漫画「銃夢(ガンム)」を、同作の映画化を長年にわたり熱望していたジェームズ・キャメロンの脚本・製作により、ハリウッドで実写映画化したアクション大作。監督は「シン・シティ」のロバート・ロドリゲス。主人公アリータ役は「メイズ・ランナー」シリーズのローサ・サラザールが務め、いずれもオスカー俳優であるクリストフ・ワルツ、ジェニファー・コネリー、マハーシャラ・アリが共演。撮影はビル・ポープ。

数百年後の未来。スクラップの山の中から奇跡的に脳だけが無傷の状態で発見されたサイボーグの少女アリータは、サイバー医師のイド博士によって新たな体を与えられ、目を覚ます。しかし彼女は、自分の過去や今いる世界についてなど、一切の記憶が失われていた。やがてアリータは、自分が300年前に失われたはずの最終兵器として作られたことを知り、そんな兵器としての彼女を破壊するため、次々と凶悪な殺人サイボーグが送り込まれてくる。アリータは、あどけない少女の外見とは裏腹の驚異的な格闘スキルをもって、迫り来る敵たちを圧倒していくが…。


キャスト/キャラクター
ローサ・サラザール/アリータ
クリストフ・ワルツ/イド
ジェニファー・コネリー/チレン
マハーシャラ・アリ/ベクター
キーアン・ジョンソン/ヒューゴ
エド・スクレイン/ザパン
ジャッキー・アール・ヘイリー/グリュシュカ
ホルヘ・レンデボルグ・Jr./タンジ
ラナ・コンドール/コヨミ
アイダラ・ビクター/ガーハード
エイザ・ゴンザレス/ニシアナ
ジェフ・フェイヒー/マクティーグ
デレク・ミアーズ/ロモ
エドワード・ノートン/ノヴァ

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
それぞれのキャラクターについて言えば、原作のイメージが関わってくるのでしょうが、ん〜ヒューゴとの色恋シーンがなんか共感できずこの設定いるか?(てか体もティーンエイジャーらしい発展途上の筋肉で物足りず、お顔の幼さが男らしさを全く感じさせず、ヒロインが惚れるに値する感じが全くないよな汗)…て思ったりして。評価をかなり下げてる方の感想のいくつかにキャラ設定の曖昧さが伺えたのですが、その点に関して私もいかばかりか同意できました。

アリータが可愛くて綺麗で強くてカッコよくて。これが日本の美少女キャラの実写映像化のスタンダードになればいいと思う。IMAX3Dで見たかったが近くの箱では他のタイトルに押されてクソみたいな時間に追いやられてなかなか見られず、先に通常3Dの吹替版で鑑賞。吹替声優は違和感ゼロでとても良かったが、IMAX3Dを諦められず、びっくりするほど遠くまで遠征。その甲斐はあった素晴らしい映像でした。

概ね原作の序盤のストーリーをなぞって物語は進展する。 2時間の尺にストーリーを収めるため、盛り上げポイントを作るために改変したポイントはいくつかあるが、概ね世界観やストーリーに影響はないと言える。 ただし原作ファンとして気になる改変が一点だけある。ノヴァがすでにザレムにいるのである。 これは仮に続編を作ったとして、物語は原作から変えざるを得ないということだ。

サイボーグの動きやディテールがリアルで、アリータなんて人間とさほど変わらないほどリアル。大きな目に作り物っぽさが残っていてそこがよかった。最初はその目が少し怖かったけど様々な感情を表す目に心奪われていた。バトルシーンは全部かっこよくて爽快。サイボーグだからできるグロさもあっていい感じ。イドの家族愛やヒューゴとの愛情にもうっとり。

日本の漫画らしいストーリーとキャラと世界観はみてとれた、原作を裏切らない出来じゃないだろうか、生身の人間と機械がこんな簡単に融合できる世界に生きてみたいもんだ。人間らしさはロボットではなくサイボーグだからだろう、だからといってサイボーグを愛せるかどうかはわからないがそういうストーリーなのだから素直に受け入れよう、アリータの人間らしさがこの映画の最大の魅力だと思う。


関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。