FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(洋画)

「金子文子と朴烈(パクヨル)」を無料動画で見る;無料ホームシアター不使用

金子文子と朴烈

『金子文子と朴烈』の動画をチェック[PR]↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『金子文子と朴烈』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

Hulu


見放題サービスのなかでは一番日本人に身近なものがHuluです。SMだけで展開していますが、作品の充実さは大きな魅力になっています。アメコミ映画など大作や人気のアニメ作品を始め、シリーズものを一気に配信することも多く、タイミングよく利用すると特定のファンの人には大満足できるでしょう。2017年にはドメインを「hulu.jp」から「happyon.jp」に移行し、サービスをさらにパワーアップさせました。日本の番組も配信されているので、日本のコンテンツが乏しいNetflixよりも日本ユーザーの一般層に親しみやすいのが支持されている理由のひとつでもあります。

Rakuten TV


オンラインでスポーツや映画、ドラマ、アニメなど約18万本の動画を配信するもので、運営は「楽天」です。有料作品をレンタル・購入した分だけ料金が発生する従量課金制の作品と、パックに含まれる作品を定額で何本でも視聴できる定額見放題の作品の2つのタイプがあります。有料コンテンツをレンタル・購入する際、全額、または一部を、楽天スーパーポイントでお支払い可能です。ポイントが溜まっている人は活用できます。初めての利用ではポイントがもらえるキャンペーンをやっていることもあるので、こまめにチェックしましょう。継続利用でもお得感満載です。

Dailymotion


フランスの動画共有サービスで、2005年にサービスが開始された歴史あるものです。多言語展開が整備されており、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、デンマーク語、スウェーデン語、ルーマニア語、トルコ語、日本語、韓国語、中国語のサービスが公開済みなために日本のユーザーも楽しめます。一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構による違法動画を海賊版動画照合システムを採用しており、管理体制も抜群です。セクシャルな動画に関してはYoutube以上に寛容というスタイルなため重宝されている側面もあります。

クランクイン!ビデオ


最新の映画・ドラマ・アニメを中心に約10000本。レンタルショップでお困りの入会金や延滞料金はゼロ円。無駄な出費はなし。貸出し中もないので、いつでも好きな時にレンタルできます。待つ必要性はなし。「作品ごと」か「お得な月額プラン」が選べます。新作の扱いもかなり揃っているので「映画館で見逃したあの映画をレンタルで見たい。でも店に行く時間もない」そんなときこそジャストフィット。認知度は低めのサービスですが、デジタル配信に特化しているので、余計な機能やサービスと連動したりもせずにシンプルなのも意外な魅力となっています。

作品紹介


作品概要・あらすじ
2019年2月16日に劇場公開。大正時代の日本に実在した無政府主義者・朴烈と日本人女性・金子文子の愛と闘いを、「王の男」「ソウォン 願い」のイ・ジュニク監督、「高地戦」「建築学概論」のイ・ジェフン主演で描いた韓国映画。ジェフンが朴烈役を、「空と風と星の詩人 尹東柱(ユン・ドンジュ)の生涯」のチェ・ヒソが金子文子役を演じるほか、金守珍ら「劇団新宿梁山泊」のメンバーが顔をそろえる。2018年・第13回大阪アジアン映画祭では「朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト」のタイトルでオープニング作品として上映された。美術はイ・ジェソン。

1923年の東京。朴烈と金子文子は、運命的とも言える出会いを果たし、唯一無二の同志、そして恋人として共に生きていくことを決める。しかし、関東大震災の被災による人びとの不安を鎮めるため、政府は朝鮮人や社会主義者らの身柄を無差別に拘束。朴烈、文子たちも獄中へ送り込まれてしまう。社会を変えるため、そして自分たちの誇りのために獄中で闘う事を決意した2人の思いは、日本、そして韓国まで多くの支持者を獲得し、日本の内閣を混乱に陥れた。そして2人は歴史的な裁判に身を投じていく。


キャスト/キャラクター
イ・ジェフン/朴烈
チェ・ヒソ/金子文子
キム・インウ/水野錬太郎
キム・ジュンハン/立松懐清
山野内扶/布施辰治
金守珍/牧野菊之助
趙博/内田康哉
柴田善之/山本権兵衛
小澤俊夫/田健治郎
佐藤正行/平沼騏一郎
金淳次/若槻礼次郎
松田洋治/江木翼
ハン・ゴンテ/栗原一男
ユン・スル/新山初代

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
偏った教育の学生時代から多少の事は分かっていたが、ストレートな描写に同じ人間としていたたまれない気分になる。しおらしく寄り添うのではなく一緒に戦う同士だった文子、気持ち良いほどに信念的だ。犬コロに強烈に惹かれた文子、なぜあんなにも強いのか?それはどこからきたのか?そう、あの潔い生き方の背景がみたいのだ。

朴烈と文子が早めに逮捕されるので、獄中と法廷のシーンが結構多い。なので、二人がなぜあれほど強い思いで結ばれていたのかが共感しきれなかった。もったいない。それでも関東大震災での朝鮮人虐殺や法廷シーンはなかなかの見もの。二人の法廷での発言は感動してしまう。こういう映画が上映されることの意義もあるのだろう。かなりの混雑ぶりだった。

ストーリーは詩に感銘を受けた文子が朴烈の元に押しかけ女房をして、同志として恋人として、動乱の時代を駆け抜ける訳ですが、関東大震災から投獄されるまでの展開が早くて、獄中のシーンが結構長いです。バランスが悪い感じもしますが、不法逮捕されるまでの朴烈は過激犯的な描写が多くて、ちょっと感情移入がしづらい分、獄中から何故大罪人として死刑になる事を分かっていながらも不利な言動行動を取ったかと言うのが理解するにはこれだけの時間が必要となるのは理解出来ます。

日本統治時代を舞台にした韓国映画でどうしても気になってしまうのが日本人役韓国人役者の日本語の発音。映画の世界に入っていても、ついそこで我に返ってしまう事があります。しかし、この映画にはほとんど違和感がなく、役者達の日本語能力の高さが伺えます。特に金子文子役のチェヒソさんは凄い!日本語の発音だけでなく日本人の話す韓国語の発音も完璧でした。


関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。