FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(邦画)

「デッドエンドの思い出」を無料動画で見る;無料ホームシアターは回避

デッドエンドの思い出

『デッドエンドの思い出』の動画をチェック[PR]↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『デッドエンドの思い出』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

Hulu


見放題サービスのなかでは一番日本人に身近なものがHuluです。SMだけで展開していますが、作品の充実さは大きな魅力になっています。アメコミ映画など大作や人気のアニメ作品を始め、シリーズものを一気に配信することも多く、タイミングよく利用すると特定のファンの人には大満足できるでしょう。2017年にはドメインを「hulu.jp」から「happyon.jp」に移行し、サービスをさらにパワーアップさせました。日本の番組も配信されているので、日本のコンテンツが乏しいNetflixよりも日本ユーザーの一般層に親しみやすいのが支持されている理由のひとつでもあります。

Amazonプライムビデオ


世界のネット市場を手中におさめる天下のAmazonが運営するサービス。Amazon利用者なら簡単に開始できます。値段の安さもあって利用者はどんどん増えていき、今では最も利用機会の多いサービスになっています。配信している作品数も非常に膨大です。プライムビデオで見放題になっていない作品も、別個で単品ごとにレンタル視聴でき、その価格も最小で100円からとお得なので、どんな映画を観たい人でも対応できる万能さが売りになっています。最近ではオリジナルコンテンツにも力を入れており、ここでしか見れない作品も鑑賞できるのでますます賑やかになってきました。

Paravi パラビ


東京放送ホールディングス・日本経済新聞社・テレビ東京ホールディングス・WOWOW・電通・博報堂DYメディアパートナーズの6社出資によって運営されるサービスです。2018年4月に開始されたばかりで、他の同様のサービスと比べるとラインナップも後追いで少ない傾向にありますが、日本企業らしくここでしかない日本のコンテンツを揃えているので、その独自性で勝負しています。テレビ番組が充実しているほか、芸能系や番組系のオリジナルコンテンツもあり、ふだんテレビをよく見ている人ほど、「これが見たい!」とベストマッチしやすいでしょう。

FOD フジテレビオンデマンド


フジテレビジョンが運営するサービスです。動画配信、ライブ配信、雑誌やコミックなどの電子書籍を1つのプラットフォームで提供するのが大きな特徴で、広範囲をカバーしたエンタメ総合サービスでもあります。テレビ番組の見逃し配信に注目して実践してきたこともあり、番組ファンの利用者を中心に支持を集めています。スマートフォン向けアプリ「FOD」の累計ダウンロード数も順調に増加しており、スマホでの鑑賞も多いことがうかがえます。4万タイトル・15万冊の電子書籍・コミックも配信中なので、デジタルで見ることに抵抗のない本好きの人も見逃せません。

作品紹介


作品概要・あらすじ
2019年2月16日に劇場公開。吉本ばななの同名小説を、日韓共同製作で映画化。主人公ユミを韓国の人気アイドルグループ「少女時代」のスヨン、カフェのオーナー西山を名古屋のエンタテイメントグループ「BOYS AND MEN」の田中俊介がそれぞれ演じた。監督は、2009年の短編映画「The after…」が国内外の映画祭で高く評価されたチェ・ヒョンヨン。録音は出口藍子。

遠距離恋愛中の婚約者テギュに会うため、韓国から名古屋へやって来たユミ。しかし彼のアパートには、見知らぬ女性の姿があった。テギュの裏切りに絶望し、あてもなく街をさまよっていたユミは、エンドポイントという古民家カフェ兼ゲストハウスにたどり着く。そこで彼女は、不思議な存在感を放つオーナーの西山や、ちょっとおせっかいな常連客たちとの交流を通し、少しずつ自分を取り戻していく。


キャスト/キャラクター
チェ・スヨン/ユミ
田中俊介/西山
ペ・ヌリ/ユジョン
アン・ボヒョン/テギュ
ドン・ヒョンベ/ジンソン
イ・ジョンミン/ニコ
平田薫/アヤ
若杉凩/チェン

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
大胆に翻案されていますが、原作小説のエッセンスを徹底的に抽出して構築された物語を、丁寧に美麗に撮影された映像で魅せてくれる。小説の実写化の最良の例ではないでしょうか。観た人の心にながく残り、人生の彩りに、あるいは支えになり得る、そんな名品だと思います。

配信でも手軽に映画を見られる時代になって改めて感じるのは「劇場で観た映画は、記憶の残り方が全く違う!」映画館は、映画を観る為に作られた空間なので、見ている最中の集中力が違うのは当たり前ですが、忙しい時間をやりくりして劇場に足を運ぶところから始まるプチイベント感が一種の“非日常体験”として記憶に残るからかもしれませんね。

スヨンのキャスティングの理由は、"日本語が上手い"ということらしいが、そうでもない。むしろ、日本語勉強中の韓国人という設定に合わせているだけかも知れない。同じアイドル出身女優では、"KARA"の元メンバー、知英(ジヨン)の日本語のほうが信じられないくらいペラペラである。失恋から立ち直り、新しい人生を始めていく、素敵な映画である。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。