FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(邦画)

「トラさん 僕が猫になったワケ」を無料動画で見る;無料ホームシアターより便利

トラさん 僕が猫になったワケ

『トラさん 僕が猫になったワケ』の動画をチェック[PR]↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『トラさん 僕が猫になったワケ』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

Hulu


見放題サービスのなかでは一番日本人に身近なものがHuluです。SMだけで展開していますが、作品の充実さは大きな魅力になっています。アメコミ映画など大作や人気のアニメ作品を始め、シリーズものを一気に配信することも多く、タイミングよく利用すると特定のファンの人には大満足できるでしょう。2017年にはドメインを「hulu.jp」から「happyon.jp」に移行し、サービスをさらにパワーアップさせました。日本の番組も配信されているので、日本のコンテンツが乏しいNetflixよりも日本ユーザーの一般層に親しみやすいのが支持されている理由のひとつでもあります。

au ビデオパス


名前からはわかりにくいですが「au」のサービスです。国内ドラマの見逃し配信や映画など1万本の動画が見放題になります。見放題プランに加入することで初回登録から30日間は無料で利用でき、見放題には含まれない動画が毎月1本レンタルできる540円相当のコインが毎月付与されるので、準新作もしっかり視聴可能。2018年8月にはau以外のユーザーでも利用できるようになり、ますます認知度が上がって、試せる人の数も増えました。日本のコンテンツの充実さは大きな特徴であり、芸能系や話題作など一般向け作品が好みな人ほど楽しめるバラエティになっています。

Paravi パラビ


東京放送ホールディングス・日本経済新聞社・テレビ東京ホールディングス・WOWOW・電通・博報堂DYメディアパートナーズの6社出資によって運営されるサービスです。2018年4月に開始されたばかりで、他の同様のサービスと比べるとラインナップも後追いで少ない傾向にありますが、日本企業らしくここでしかない日本のコンテンツを揃えているので、その独自性で勝負しています。テレビ番組が充実しているほか、芸能系や番組系のオリジナルコンテンツもあり、ふだんテレビをよく見ている人ほど、「これが見たい!」とベストマッチしやすいでしょう。

ニコニコ動画


ドワンゴが提供している動画共有サービスで、2006年から地道に運用が始まり、今では日本を代表する動画サイトとして、日本のインターネット・ミームの礎を築いてきた歴史があります。動画にコメントが付けられる機能が有名ですが、ある程度の自由奔放なユーザー文化を維持しているのが、支持される大きな理由。映画に関するさまざまな動画も揃っていますが、利用はあくまで法的範囲内にとどめましょう。「niconico」という名称は世界でも有名になり、他の類似サービスの後追い現象を生み出しました。映画関連の生放送や配信も行われており、のぞいてみる価値ありです。

作品紹介


作品概要・あらすじ
2019年2月15日に劇場公開。「Kis-My-Ft2」の北山宏光の主演で、板羽皆による同名人気漫画を実写映画化。交通事故で亡くなり猫の姿で家族のもとに戻される男を、これが映画初主演の北山が演じる。妻の奈津子役を多部未華子が演じる。監督は「Sweet Rain 死神の精度」の筧昌也。音楽は渡邊崇。

売れない漫画家でありながら、身の程知らずに酒とギャンブルに溺れるポジティブ男・高畑寿々男。競輪で大勝ちして喜び勇んだ帰り道、交通事故であっけなく死んでしまう。死んだ人間が面接を受け、次の命が決められる「関所」にやってきた寿々男は、自分の本当の心を見つめ直すため、1カ月間限定で家族のもとに戻される執行猶予の判決を受ける。しかし、それには「猫の姿」でという条件が付いていた。


キャスト/キャラクター
北山宏光/高畑寿々男/トラさん
多部未華子/奈津子
平澤宏々路/実優
飯豊まりえ/ホワイテスト
富山えり子/桜木亜子
要潤/浦上栄剛
バカリズム/裁判長

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
シンプルな話。北山さんの歌声と話し声がとても素敵なんだと知った。確かにもう少し丁寧に描いてもいいのでは?という箇所もあったけど気にならなかった。泣けなかったら駄目な映画なのか?泣けないのが悪いわけじゃないけど、性格が素直なタイプには響くと思う。家族や友達などと温かい関係、経験がある人には。自分もそうだけど、感動スイッチが浅く広いタイプにはオススメできる。

前半はスズオのダメ夫っぷりもありながら微笑ましい家族だなぁと思ったり所々の笑える要素があって楽しく、後半は「当たり前」だった日常をネコとして過ごし、自分のしてきたことや何をすべきかを考えて家族に思いを残す。突然自分にしが訪れ「後でいいや」、「今じゃなくていいや」とないがしろにしてきた言葉を伝えられずに終わる。そうならないためにも伝えたいと思ったことは溜めずに伝えるべきなのだと、この映画を観て改めて気付かされました。

板羽先生の原作がとても良かったので、映画でどう表現するのだろうと不安な気持ちもありましたが、猫姿は案外すんなり受け入れられました(笑) 猫らしさと人間らしさのバランスが上手くとれていて、変にCGでリアルにこだわるよりも良かったかな。一見するとアイドルが着ぐるみを着たふざけた映画と敬遠されてしまいがちなのが惜しいですが。

猫の着ぐるみという奇抜な演出と相反するように、この家族にはリアリティがあるのも良かった。泣かない、感傷的にもならない、もう父親はいないんだなぐらいな感じで淡々と日々を送っていく残された母子。個人差はあると思うが、身内が死ぬってそういうことだと思う。でもその凡庸で身近な死の感覚、地に足の着いた死との距離の取り方が凄く好ましく思われたし、そこから静かに立ち上がる感情の機微にはグっと来ましたね。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。