FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(邦画)

「ナポリの隣人」を無料動画で見る

ナポリの隣人

『ナポリの隣人』の動画をチェック[PR]↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『ナポリの隣人』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

TSUTAYA


有名なレンタル企業ですが、VODも展開しています。このサービスの魅力は、配信以外にも、レンタルにも対応しているところ。つまり、「配信で見たい作品がなかった!」というときはレンタルで探すことが可能です。しかも、家にいながらレンタルを注文できて、家まで届けてくれます。返すときもポストに出すだけでいいので、店に行く必要性はありません。通常のVODの欠点をカバーしたものと考えると非常に有用です。こちらも無料でお試しできるトライアルがあるので、そちらを利用することで、無料でいくつかの作品を視聴することもでき、楽しい映画ライフを送ることができます。

GYAO!(ギャオ!)


2009年に株式会社GyaO運営の「GyaO」とYahoo! JAPAN運営の「Yahoo!動画」が統合されて無料動画配信サイト「GyaO!」となったサービスです。同時に有料動画配信サイト「GYAO!ストア」を開設しており、無料で見られる作品と有料作品が混在しています。無料作品に関しては期間限定で配信しており、登録なしで鑑賞できるために、非常に気軽に見られるとユーザーからは好評です。無料で配信している作品は、邦画・洋画とバラエティ豊かで、マイナーな作品もあれば、賞を受賞しているような有名作品もあります。無料だからといって全てが安っぽい作品ばかりではありません。

Rakuten TV


オンラインでスポーツや映画、ドラマ、アニメなど約18万本の動画を配信するもので、運営は「楽天」です。有料作品をレンタル・購入した分だけ料金が発生する従量課金制の作品と、パックに含まれる作品を定額で何本でも視聴できる定額見放題の作品の2つのタイプがあります。有料コンテンツをレンタル・購入する際、全額、または一部を、楽天スーパーポイントでお支払い可能です。ポイントが溜まっている人は活用できます。初めての利用ではポイントがもらえるキャンペーンをやっていることもあるので、こまめにチェックしましょう。継続利用でもお得感満載です。

無料ホームシアター


海賊版コンテンツにリーチするサイトです。違法なため利用しないでください。利用者はアクセス記録が残るため逮捕の可能性もゼロではありません。宣伝にならないようにURLはこちらでは記載していません(情報をぼかしています)。ユーザーの個人情報を騙し取る悪質な広告が表示されるなどして不利益を与えるページも確認されているので、利用は絶対にオススメしません。無料というワードに釣られてクリックやタップをしないようにしましょう。「映画無料動画で夢心地」など他にも類似の危険性を持ったサイトがあるので注意しましょう。

作品紹介


作品概要・あらすじ
2019年2月9日に劇場公開。「小さな恋人」「家の鍵」「最初の人間」などで知られるイタリアの名匠ジャンニ・アメリオが、母の死が原因で不仲になっていた父と娘が、父の隣家の家族に起こった事件をきっかけに、関係を見つめなおしていく姿を描いた人間ドラマ。ロレンツォ役の主演レナート・カルペンティエーリが、イタリアのアカデミー賞と呼ばれるダビッド・デ・ドナテッロ賞などで主演男優賞を受賞。日本では「イタリア映画祭2018」で「世情」のタイトルで上映されている。撮影はルカ・ビガッツィ。

南イタリアのナポリで、かつて家族と暮らしたアパートに、いまはひとりで暮らす元弁護士のロレンツォ。娘のエレナはアラビア語の法廷通訳で生計を立てるシングルマザーだが、母の死が父による裏切りのせいだと信じ、いまも父を許せずにいた。ロレンツォは気難しいところがあるものの、最近は隣家の若い夫婦と彼らの子どもと仲良くなり、擬似家族のような関係になっていた。しかし、そんな平穏な日々が、ある事件によって突然幕を閉じてしまう。


キャスト/キャラクター
レナート・カルペンティエリ/ロレンツォ
ジョバンナ・メッツォジョルノ/エレナ
ミカエラ・ラマゾッティ/ミケーラ
エリオ・ジェルマーノ/ファビオ
グレタ・スカッキ/アウロラ
アルトゥーロ・ムセッリ/サヴェリオ
ジュゼッペ・ジーノ/ジュリオ
マリア・ナツィオナーレ/ロッサーナ
レナート・カルペンティエーリ・Jr./フランチェスコ
ビアンカ・パニッチ/ビアンカ
ジョバンニ・エスポジート/ダヴィデ

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
数年前に旅行したナポリが舞台というだけで観に行ったが、家族の問題を扱ったかなり重たいテーマの映画だった。ヨーロッパ的な作りの映画で、台詞や人の表情、行動、風景や街の雰囲気などを通して、間接的に観客に多くのことを感じさせ、考えさせようとするような映画。結末も、アメリカや韓国の映画のような、ドラマチックだったり、明確なオチみたいなものがあるわけではなく、静かに、しかしじんわりと観る者の心に伝ってくるものがある。

原題の「La tenerezza」の意味を調べたら「優しさ」でした。人と人が関係を保っていくには、それが家族であっても(むしろ家族であればこそ)、相手の弱さや過去の過ちなども含めて、全てを受け入れる優しさ(受容性)が必要だということが、この映画の伝えたいメッセージだろうか。

老親父と娘との間にある"母の死"にまつわる誤解やわだかまりの理由が、今ひとつ納得・理解出来なかった…というか、父が外に愛人を作って家族を裏切っていた事には変わりがないわけだから、子(娘)の気持ちとしては、なんだかなぁ…なラストだった。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。