FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(邦画)

「洗骨(せんこつ)」を無料動画で見る

洗骨

『洗骨』の動画をチェック[PR]↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『洗骨』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

FOD フジテレビオンデマンド


フジテレビジョンが運営するサービスです。動画配信、ライブ配信、雑誌やコミックなどの電子書籍を1つのプラットフォームで提供するのが大きな特徴で、広範囲をカバーしたエンタメ総合サービスでもあります。テレビ番組の見逃し配信に注目して実践してきたこともあり、番組ファンの利用者を中心に支持を集めています。スマートフォン向けアプリ「FOD」の累計ダウンロード数も順調に増加しており、スマホでの鑑賞も多いことがうかがえます。4万タイトル・15万冊の電子書籍・コミックも配信中なので、デジタルで見ることに抵抗のない本好きの人も見逃せません。

Rakuten TV


オンラインでスポーツや映画、ドラマ、アニメなど約18万本の動画を配信するもので、運営は「楽天」です。有料作品をレンタル・購入した分だけ料金が発生する従量課金制の作品と、パックに含まれる作品を定額で何本でも視聴できる定額見放題の作品の2つのタイプがあります。有料コンテンツをレンタル・購入する際、全額、または一部を、楽天スーパーポイントでお支払い可能です。ポイントが溜まっている人は活用できます。初めての利用ではポイントがもらえるキャンペーンをやっていることもあるので、こまめにチェックしましょう。継続利用でもお得感満載です。

クランクイン!ビデオ


最新の映画・ドラマ・アニメを中心に約10000本。レンタルショップでお困りの入会金や延滞料金はゼロ円。無駄な出費はなし。貸出し中もないので、いつでも好きな時にレンタルできます。待つ必要性はなし。「作品ごと」か「お得な月額プラン」が選べます。新作の扱いもかなり揃っているので「映画館で見逃したあの映画をレンタルで見たい。でも店に行く時間もない」そんなときこそジャストフィット。認知度は低めのサービスですが、デジタル配信に特化しているので、余計な機能やサービスと連動したりもせずにシンプルなのも意外な魅力となっています。

無料ホームシアター


海賊版コンテンツにリーチするサイトです。違法なため利用しないでください。利用者はアクセス記録が残るため逮捕の可能性もゼロではありません。宣伝にならないようにURLはこちらでは記載していません(情報をぼかしています)。ユーザーの個人情報を騙し取る悪質な広告が表示されるなどして不利益を与えるページも確認されているので、利用は絶対にオススメしません。無料というワードに釣られてクリックやタップをしないようにしましょう。「映画無料動画で夢心地」など他にも類似の危険性を持ったサイトがあるので注意しましょう。

作品紹介


作品概要・あらすじ
2019年2月9日に劇場公開。「ガレッジセール」のゴリの監督・主演で、数々の映画祭で好評を博した2016年製作の短編映画「born、bone、墓音。」を原案に、ゴリが本名の照屋年之名義で監督・脚本を手がけた長編作品。沖縄の離島・粟国島に残る風習「洗骨」をテーマに、家族の絆や祖先とのつながりをユーモアを交えて描いていく。父・信綱役を奥田瑛二、長男・剛役を筒井道隆、長女・優子役を水崎綾女がそれぞれ演じ、筒井真理子、大島蓉子、坂本あきら、鈴木Q太郎らが脇を固める。エグゼクティブプロデューサーは片岡秀介。

新城家の長男・剛が母・恵美子の「洗骨」のために故郷の粟国島に帰ってきた。母がいなくなった実家にひとりで暮らす父の信綱の生活は、妻の死をきっかけに荒れ果てていた。さらに、長女の優子も名古屋から帰ってくるが、優子の変化に家族一同驚きを隠せない。久しぶりに顔を合わせ、一見バラバラになったかにも思えた新城家の人びと。数日後には亡くなった恵美子の骨を洗う大事な洗骨の儀式が迫っていた。


キャスト/キャラクター
奥田瑛二/新城信綱
筒井道隆/新城剛
水崎綾女/新城優子
大島蓉子/高安信子
坂本あきら/高安豊
山城智二/高安悟
前原エリ/高安マキ
内間敢大
外間心絢

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
謂わば法事のような弔い行事がテーマの作品ですので、暗い雰囲気の作品ではないかと少し心配していたのですが全くの杞憂でした。製作に吉本興業が関わっていることと関係があるのかどうか分かりませんが、何よりも漫才やコントを思わせる様なユーモア溢れる演出が、南国の明るい陽射しと相俟ってとても心地良かったです。厳格な手順に従って執り行われるこの儀式をこの島の人々が長い年月大切にしてきた理由が何となく理解出来たように感じた次第です。

最近私もまだ若い親類の死を目の当たりにして通夜葬式と共に過ごし、また病死したその姿に少なからずのショックを受けたのですが、この粟国島の死から4年後にする「洗骨」という風習もかなりショッキングな習わしであり、しかしこれくらい人の死を長く受け止め再び悼む事は、事の是非や自分がこういう方式で弔いたいか弔われたいかは抜きにして(いや、やはり本音は今さらプリミティブに戻るのは面倒で嫌ですが)、とても意義深い事だと思いました。

映像は、序盤に謎のつなぎや意味不明なシーンがややあるものの、中盤からは安定して良い感じに。他の映画と比べて特質的によくできた部分は、非常に真面目なテーマの映画の中で、笑いがとても上手に落とし込まれていて、違和感がないところ。ここはさすがの監督の力量。下手におちゃらけたギャグなど一切なく、真面目な雰囲気の中の徹底されたシュールさが決まっていて、とても笑った。

役者陣も素晴らしい。女たちはみな強く、男達はみなダメで優しい。特に奥田瑛二の芝居からは人間の弱さが、そしてそれで良いのだということが思い知らされる。だが、ここまでまとまっていなくて良いのでは?こんなにちゃんと分かってもらおうと説明しなくても良い。最後のナレーションなんていらないし、出産絡みのエピソードも、あんなにエンタメ的に盛らなくても良かったのでは?
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。