FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(邦画)

「劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ」を無料動画で見る

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ

『劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ』の動画をチェック[PR]↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

ニコニコ動画


ドワンゴが提供している動画共有サービスで、2006年から地道に運用が始まり、今では日本を代表する動画サイトとして、日本のインターネット・ミームの礎を築いてきた歴史があります。動画にコメントが付けられる機能が有名ですが、ある程度の自由奔放なユーザー文化を維持しているのが、支持される大きな理由。映画に関するさまざまな動画も揃っていますが、利用はあくまで法的範囲内にとどめましょう。「niconico」という名称は世界でも有名になり、他の類似サービスの後追い現象を生み出しました。映画関連の生放送や配信も行われており、のぞいてみる価値ありです。

Rakuten TV


オンラインでスポーツや映画、ドラマ、アニメなど約18万本の動画を配信するもので、運営は「楽天」です。有料作品をレンタル・購入した分だけ料金が発生する従量課金制の作品と、パックに含まれる作品を定額で何本でも視聴できる定額見放題の作品の2つのタイプがあります。有料コンテンツをレンタル・購入する際、全額、または一部を、楽天スーパーポイントでお支払い可能です。ポイントが溜まっている人は活用できます。初めての利用ではポイントがもらえるキャンペーンをやっていることもあるので、こまめにチェックしましょう。継続利用でもお得感満載です。

クランクイン!ビデオ


最新の映画・ドラマ・アニメを中心に約10000本。レンタルショップでお困りの入会金や延滞料金はゼロ円。無駄な出費はなし。貸出し中もないので、いつでも好きな時にレンタルできます。待つ必要性はなし。「作品ごと」か「お得な月額プラン」が選べます。新作の扱いもかなり揃っているので「映画館で見逃したあの映画をレンタルで見たい。でも店に行く時間もない」そんなときこそジャストフィット。認知度は低めのサービスですが、デジタル配信に特化しているので、余計な機能やサービスと連動したりもせずにシンプルなのも意外な魅力となっています。

無料ホームシアター


海賊版コンテンツにリーチするサイトです。違法なため利用しないでください。利用者はアクセス記録が残るため逮捕の可能性もゼロではありません。宣伝にならないようにURLはこちらでは記載していません(情報をぼかしています)。ユーザーの個人情報を騙し取る悪質な広告が表示されるなどして不利益を与えるページも確認されているので、利用は絶対にオススメしません。無料というワードに釣られてクリックやタップをしないようにしましょう。「映画無料動画で夢心地」など他にも類似の危険性を持ったサイトがあるので注意しましょう。

作品紹介


作品概要・あらすじ
2019年2月8日に劇場公開。1980~90年代にテレビ放送された大ヒットアニメ「シティーハンター」の20年ぶりの新作となる長編アニメーション映画。声優陣にはリョウ役の神谷明、香役の伊倉一恵らオリジナルキャストが再結集。進藤亜衣役を女優の飯豊まりえ、御国真司役を人気声優の山寺宏一が担当するほか、お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実が特別出演。初代監督のこだま兼嗣が総監督を務め、「TM NETWORK」によるおなじみの主題歌「Get Wild」も起用。同じ北条原作の「キャッツ・アイ」からも主人公の来生三姉妹が登場する。美術監督は加藤浩。

新宿に事務所を構えるシティーハンターの冴羽リョウと相棒・槇村香のもとに、何者かに襲われたというモデルの進藤亜衣がボディガードを依頼にやって来る。美女の依頼を快諾するリョウだったが、撮影スタジオで更衣室を覗いたりとやりたい放題。亜衣がキャンペーンモデルを務めるIT会社の社長・御国真司は香の幼なじみで、撮影現場で久々に再会した彼女をデートに誘う。一方、海坊主と美樹は新宿に傭兵が集結するという情報を入手するが、その傭兵たちはなぜか亜衣を狙っており…。

キャスト/キャラクター
神谷明/冴羽リョウ
伊倉一恵/槇村香
飯豊まりえ/進藤亜衣
山寺宏一/御国真司
一龍斎春水/野上冴子
玄田哲章/海坊主
小山茉美/美樹
大塚芳忠/ヴィンス・イングラード
徳井義実/コニータ
戸田恵子/来生瞳/来生泪
坂本千夏/来生愛

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
新しいお客さんにはちょっと物足りなさはあるかもしれないので、あまり評価されないが、当時からのファンである自分にとっては、曲が流れる度に涙が溢れてしまった。80年代から90年代に青春を送った人、キャッツアイまで知っている人には、たまらない映画です。間違いない。良かった!

昔の曲が流れると懐かしくてテンション上がりました。掲示板はやっぱりスマホで解決。アクションシーンも昔ながらのド派手さでしたが当時と今とは感覚が違うせいもありオイオイってツッコミを入れたくなる事も。作品的には有りだと思います。
テッパンのお色気シーンやハンマーのギャグは好きな人と苦手な人真っ二つと言った感じでしょうか。観客はファンが多いでしょうからまあ大丈夫でしょう。スポンサーの広告、私は好きでした。コラボ商品出てたら欲しい。

大好きなシティーハンター、とてもよかった。とてもよかったのだけど、現代版になっているからなのか、今この時代に作られたからなのかわからないが、ああ、やはり時代がもう違うんだなと感じ、少し寂しかった。もう、バブルではないんだな、バブルの頃には戻れないのだなという淋しさを映画の終わりに感じた。それもまた、ノスタルジーなのかもしれない。

冒頭からなんかエピックソニーのミュージシャンの曲ばかりかかってるなーと思ったら、歴代のOPとEDだったんですね。だいぶ経って気がつきました。たぶんレコード会社の縛りとかがあって、キャッツアイの曲だけカバーだったのかなー、と邪推してみたり。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。