FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(洋画)

「ファースト・マン」を無料動画で見る

ファースト・マン

『ファースト・マン』の動画をチェック[PR]↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『ファースト・マン』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

Amazonプライムビデオ


世界のネット市場を手中におさめる天下のAmazonが運営するサービス。Amazon利用者なら簡単に開始できます。値段の安さもあって利用者はどんどん増えていき、今では最も利用機会の多いサービスになっています。配信している作品数も非常に膨大です。プライムビデオで見放題になっていない作品も、別個で単品ごとにレンタル視聴でき、その価格も最小で100円からとお得なので、どんな映画を観たい人でも対応できる万能さが売りになっています。最近ではオリジナルコンテンツにも力を入れており、ここでしか見れない作品も鑑賞できるのでますます賑やかになってきました。

iTunes


家でくつろいでいる時も、外出先でも、iTunesがあればいつでも映画の世界に飛び込めます。あなたは観たい作品をダウンロードするだけで完了。すると、通勤電車の中が、空港のゲートの前が、順番を待っている列が、あなた専用の映画館に変わります。iTunes Extrasでは、未公開シーンや別テイクなどの特典映像を楽しめます。観たい映画が決められない場合は、iTunesが厳選した「おすすめ」をチェックしてみましょう。Apple TV 4Kを使えば、お気に入りのコンテンツを4K HDRで楽しむこともできます。あなたの映画のコレクション全体を整理するのも簡単にできます。

Dailymotion


フランスの動画共有サービスで、2005年にサービスが開始された歴史あるものです。多言語展開が整備されており、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、デンマーク語、スウェーデン語、ルーマニア語、トルコ語、日本語、韓国語、中国語のサービスが公開済みなために日本のユーザーも楽しめます。一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構による違法動画を海賊版動画照合システムを採用しており、管理体制も抜群です。セクシャルな動画に関してはYoutube以上に寛容というスタイルなため重宝されている側面もあります。

無料ホームシアター


海賊版コンテンツにリーチするサイトです。違法なため利用しないでください。利用者はアクセス記録が残るため逮捕の可能性もゼロではありません。宣伝にならないようにURLはこちらでは記載していません(情報をぼかしています)。ユーザーの個人情報を騙し取る悪質な広告が表示されるなどして不利益を与えるページも確認されているので、利用は絶対にオススメしません。無料というワードに釣られてクリックやタップをしないようにしましょう。「映画無料動画で夢心地」など他にも類似の危険性を持ったサイトがあるので注意しましょう。

作品紹介


作品概要・あらすじ
2019年2月8日に劇場公開。「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼル監督&主演ライアン・ゴズリングのコンビが再びタッグを組み、人類で初めて月面に足跡を残した宇宙飛行士ニール・アームストロングの半生を描いたドラマ。アームストロングの妻ジャネット役に、「蜘蛛の巣を払う女」やテレビシリーズ「ザ・クラウン」で活躍するクレア・フォイ。そのほかの共演にジェイソン・クラーク、カイル・チャンドラー。脚本は「スポットライト 世紀のスクープ」「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」のジョシュ・シンガー。第91回アカデミー賞で視覚効果賞を受賞。衣装はメアリー・ゾフレス。

ジェームズ・R・ハンセンが記したアームストロングの伝記「ファーストマン」を原作に、ゴズリングが扮するアームストロングの視点を通して、人類初の月面着陸という難業に取り組む乗組員やNASA職員たちの奮闘、そして人命を犠牲にしてまで行う月面着陸計画の意義に葛藤しながらも、不退転の決意でプロジェクトに挑むアームストロング自身の姿が描かれる。

キャスト/キャラクター
ライアン・ゴズリング/ニール・アームストロング
クレア・フォイ/ジャネット・アームストロング
ジェイソン・クラーク/エド・ホワイト
カイル・チャンドラー/ディーク・スレイトン
コリー・ストール/バズ・オルドリン
キアラン・ハインズ/ボブ・ギルルース
パトリック・フュジット/エリオット・シー
ルーカス・ハース/マイク・コリンズ
イーサン・エンブリー/ピート・コンラッド
シェー・ウィガム/ガス・グリソム
パブロ・シュレイバー/ジム・ラベル
クリストファー・アボット/デビッド・スコット
スカイラー・バイブル/リチャード・F・ゴードン・Jr.
コリー・マイケル・スミス/ロジャー・チャフィー
オリビア・ハミルトン/パット・ホワイト

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
NASA映画の傑作は今までたくさんあったが、これだけ高揚感皆無なのは初めて。閉所恐怖症的、視野狭窄的なロケット飛行映像はロマンなどなく、ひたすら恐怖のみ。子を失い、家族に向き合うことが出来ず仕事に逃げる主人公。奥さんの不安な気持ちに感情移入してしまう。安全な地上の筈なのに終始ブレブレで安定しないカメラワーク。最後の月面シーンは偉大なる史実というより、主人公の内省のビジョン化に思えた。

「偉大な事を成し遂げるためには犠牲がつきもの」という言葉はよく聞きますが、それが大げさな言い訳でなくて、まさに真実であるということを突きつけられる映画。最初のシーンから死の危機に直面するニール。宇宙とは輝く希望では決してなく、未知の恐怖に満ちた世界であるということが強調して描かれる。

とても好みの作品でした。当時最先端であったろう技術は今見るとアナログ感満載で、ロケットに搭乗するシーンなんて孤独と閉塞感でとにかくこわかったです。想像を越えてました。現在の宇宙事業の進歩はパイオニアあってこそで、今でも未来のために振り返ればおそらくアナログ感満載の環境で各分野パイオニアが奮闘してることを感じられる素晴らしい映画だったと思います。

宇宙飛行士を描いた作品の中で、最も現実味を感じた映画でした。いわゆるワクワク感など殆どなく、今度は生きて帰れるだろうかという不安の方が強調されていました。伝記を基にしているため、実際そうだったのでしょう。宇宙という名の強敵を前に、仲間は次々と倒れていき…、まるで死を覚悟した出兵前のような面持ちです。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。