FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(邦画)

「雪の華」(2019)を無料動画で見る

雪の華

『雪の華』の動画をチェック[PR]↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『雪の華』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

au ビデオパス


名前からはわかりにくいですが「au」のサービスです。国内ドラマの見逃し配信や映画など1万本の動画が見放題になります。見放題プランに加入することで初回登録から30日間は無料で利用でき、見放題には含まれない動画が毎月1本レンタルできる540円相当のコインが毎月付与されるので、準新作もしっかり視聴可能。2018年8月にはau以外のユーザーでも利用できるようになり、ますます認知度が上がって、試せる人の数も増えました。日本のコンテンツの充実さは大きな特徴であり、芸能系や話題作など一般向け作品が好みな人ほど楽しめるバラエティになっています。

FOD フジテレビオンデマンド


フジテレビジョンが運営するサービスです。動画配信、ライブ配信、雑誌やコミックなどの電子書籍を1つのプラットフォームで提供するのが大きな特徴で、広範囲をカバーしたエンタメ総合サービスでもあります。テレビ番組の見逃し配信に注目して実践してきたこともあり、番組ファンの利用者を中心に支持を集めています。スマートフォン向けアプリ「FOD」の累計ダウンロード数も順調に増加しており、スマホでの鑑賞も多いことがうかがえます。4万タイトル・15万冊の電子書籍・コミックも配信中なので、デジタルで見ることに抵抗のない本好きの人も見逃せません。

ニコニコ動画


ドワンゴが提供している動画共有サービスで、2006年から地道に運用が始まり、今では日本を代表する動画サイトとして、日本のインターネット・ミームの礎を築いてきた歴史があります。動画にコメントが付けられる機能が有名ですが、ある程度の自由奔放なユーザー文化を維持しているのが、支持される大きな理由。映画に関するさまざまな動画も揃っていますが、利用はあくまで法的範囲内にとどめましょう。「niconico」という名称は世界でも有名になり、他の類似サービスの後追い現象を生み出しました。映画関連の生放送や配信も行われており、のぞいてみる価値ありです。

無料ホームシアター


海賊版コンテンツにリーチするサイトです。違法なため利用しないでください。利用者はアクセス記録が残るため逮捕の可能性もゼロではありません。宣伝にならないようにURLはこちらでは記載していません(情報をぼかしています)。ユーザーの個人情報を騙し取る悪質な広告が表示されるなどして不利益を与えるページも確認されているので、利用は絶対にオススメしません。無料というワードに釣られてクリックやタップをしないようにしましょう。「映画無料動画で夢心地」など他にも類似の危険性を持ったサイトがあるので注意しましょう。

作品紹介


作品概要・あらすじ
2019年2月1日に劇場公開。中島美嘉のヒット曲「雪の華」をモチーフに、登坂広臣&中条あやみ主演で描くラブストーリー。悠輔役を登坂、美雪役を中条が演じ、田辺誠一、高岡早紀、浜野謙太らが脇を固める。舞台となるフィンランドでもロケを行い、撮影された。監督は「羊と鋼の森」「orange オレンジ」の橋本光二郎。「いま、会いにゆきます」「8年越しの花嫁 奇跡の実話」の岡田惠和が脚本を担当。エグゼクティブプロデューサーは濱名一哉。

余命1年を宣告されてしまった平井美雪には、両親が出会ったフィンランドの地でオーロラを見ることと、人生で初めての恋をすることという2つの夢があった。ある日、ひったくりに遭った美雪は、ガラス工芸家を目指す綿引悠輔に助けられる。両親を亡くし、兄弟を1人で養っていた悠輔は、働いている店が危機に陥っていた。そのことを知った美雪は店を助けるために、100万円を支払うことと引き換えに、1カ月限定の恋人になってほしいと悠輔に持ちける。

キャスト/キャラクター
登坂広臣/綿引悠輔
中条あやみ/平井美雪
高岡早紀/平井礼子
浜野謙太/岩永
箭内夢菜
田辺誠一

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
フィンランドから帰ったみゆきがお母さんに「今日は怒らないで。私頑張ったんだよ。一生分頑張った。」と言うシーンで自然と涙が流れました。そしてみゆきの病気を知ったゆうすけがみゆきを追いかけて冬のフィンランドで再会するシーン。みゆきが「ゆうすけー会いたいよー。ゆうすけが大好きなんだよー。」と叫ぶと、後ろからゆうすけが現れます。そこで契約をやり直すと言ったゆうすけにみゆきが「今度はいつまで?」と聞くとゆうすけは「俺たちが死ぬまでずっと」と答えます。このシーンは涙なしでは見られませんでした。

閉じ籠っていては人に逢えない。黙っていれば人と関われない。だから声を出していこうと、相手役の悠輔は言う。主人公美雪にとって彼は声も大きく力も強く、エネルギーの塊のような存在である。燃え尽きそうな美雪が彼を選んだのは、ある意味で必然であった。

『誰かのために何かをしたいと思えるのが愛ということを知った』大好きな詩、その15年以上愛される名曲の映画化。雪という繊細な感情を誘う機微とフィンランドの美しい風景にオーロラの神秘も重ね、美男と美女が演じる切なく、美しいラブストーリーはお薦めです。

話し方が綺麗でそれだけでも作品に引き込まれます。逆に言うと他の出演者の方のセリフが雑すぎだった印象。ストーリーは素直で先が読める解りやすい展開なんだけど、そのタイミングが自分の期待と微妙にズレがありそれも良い。泣ける場面ではしっかりと泣けますね。

中条あやみさんがとても可愛いかったです。ドクターとランチしている所を目撃して嫉妬するところとか、フィンランドのホテルでノックしようとした所とか、契約のはずがどんどん彼女を好きになって行ってるところが個人的に大好物な要素満載の恋愛ストーリー、史上稀に見るキュンキュン度で、あっという間に終わり大満足でした。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。