FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(邦画)

「デイアンドナイト」を無料動画で見る

デイアンドナイト

『デイアンドナイト』の動画をチェック[PR]↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『デイアンドナイト』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

au ビデオパス


名前からはわかりにくいですが「au」のサービスです。国内ドラマの見逃し配信や映画など1万本の動画が見放題になります。見放題プランに加入することで初回登録から30日間は無料で利用でき、見放題には含まれない動画が毎月1本レンタルできる540円相当のコインが毎月付与されるので、準新作もしっかり視聴可能。2018年8月にはau以外のユーザーでも利用できるようになり、ますます認知度が上がって、試せる人の数も増えました。日本のコンテンツの充実さは大きな特徴であり、芸能系や話題作など一般向け作品が好みな人ほど楽しめるバラエティになっています。

FOD フジテレビオンデマンド


フジテレビジョンが運営するサービスです。動画配信、ライブ配信、雑誌やコミックなどの電子書籍を1つのプラットフォームで提供するのが大きな特徴で、広範囲をカバーしたエンタメ総合サービスでもあります。テレビ番組の見逃し配信に注目して実践してきたこともあり、番組ファンの利用者を中心に支持を集めています。スマートフォン向けアプリ「FOD」の累計ダウンロード数も順調に増加しており、スマホでの鑑賞も多いことがうかがえます。4万タイトル・15万冊の電子書籍・コミックも配信中なので、デジタルで見ることに抵抗のない本好きの人も見逃せません。

ニコニコ動画


ドワンゴが提供している動画共有サービスで、2006年から地道に運用が始まり、今では日本を代表する動画サイトとして、日本のインターネット・ミームの礎を築いてきた歴史があります。動画にコメントが付けられる機能が有名ですが、ある程度の自由奔放なユーザー文化を維持しているのが、支持される大きな理由。映画に関するさまざまな動画も揃っていますが、利用はあくまで法的範囲内にとどめましょう。「niconico」という名称は世界でも有名になり、他の類似サービスの後追い現象を生み出しました。映画関連の生放送や配信も行われており、のぞいてみる価値ありです。

無料ホームシアター


海賊版コンテンツにリーチするサイトです。違法なため利用しないでください。利用者はアクセス記録が残るため逮捕の可能性もゼロではありません。宣伝にならないようにURLはこちらでは記載していません(情報をぼかしています)。ユーザーの個人情報を騙し取る悪質な広告が表示されるなどして不利益を与えるページも確認されているので、利用は絶対にオススメしません。無料というワードに釣られてクリックやタップをしないようにしましょう。「映画無料動画で夢心地」など他にも類似の危険性を持ったサイトがあるので注意しましょう。

作品紹介


作品概要・あらすじ
2019年1月26日に劇場公開。俳優・山田孝之がプロデューサーに専念し、「善と悪はどこからやってくるのか」をテーマに描いたオリジナルドラマ。山田と同じ事務所に所属する俳優の阿部進之介が企画・原案から携わり、長編映画に初主演。山田は俳優として出演はせず、プロデューサーに専念したほか、脚本にも名を連ねている。主人公・明石役を阿部、北村役を安藤政信、奈々役を清原果耶がそれぞれ演じる。監督は「青の帰り道」などを手がけた藤井道人。録音は竹内久史。

明石幸次は父の自殺で実家へと戻ってきた。明石の父は大手企業の不正を内部告発したことから自殺にまで追いやられ、家族も崩壊寸前となっていた。そんな明石に手を差し伸べたのは北村という男だった。北村は児童養護施設のオーナーとして、父親同然に孤児たちを養いながら、「子どもたちを生かすためなら犯罪もいとわない」という清濁を共存させた道徳観を持っていた。児童養護施設で生活する少女・奈々は、北村に傾倒していく明石を案じていたが、復讐心が次第に増幅し、明石の中の善悪の境界線が瓦解していく。

キャスト/キャラクター
阿部進之介/明石幸次
安藤政信/北村健一
清原果耶/大野奈々
小西真奈美/トモコ
佐津川愛美/友梨佳
深水元基
藤本涼
笠松将
池端レイナ
山中崇
淵上泰史

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
果たして大切な者を守ることが「正」なのか?まさに善悪の彼岸を観る我々に突きつける傑作。今年の邦画のベストワン候補に一番乗りだ。明石を演じた阿部進之介の「優しい表情」に魅かれた。キリストの如く、彼の行うことが善だとさえ思ってしまう。児童養護施設で育ち明石と心を通わす高校生を演じた清原果耶の孤独な佇まいも印象的。

全ての人物が悪であり善でもあるという、なんとも曖昧なストーリーなので、スッキリしないと言えばその通りだけど、最後までどうなるのか、釘付けになった。法律を破る善人というようなダークヒーローだけではなく、法律を守る悪人というわけでもなく。とても複雑な人間の内側が良かった。

主人公は善人なのか、悪人なのか?常に心に波紋が広がり、ざわざわしつづける。積み上げてきた常識的観念が振り子のように揺さぶられるのだ。ラストに主人公、ひいては鑑賞者に投げかけられる質問には未だに答えがわからず、今もその余韻はすさまじい。

真相は良く判らなくても、まわりに流されやすいし、身内が責められるのは我慢ならなかったりするタイプという風にみえる主人公。確かに善と悪の境目はどこかというのは難しいし、何に対しての善と悪であるかにもよるけれど、自分としては直接的に被害を受けて泣く人がいる犯罪を善と呼ぶことはない。

ほんと理不尽なお話ですよね。何を持って善とするのか悪とするのかきっと見た人それぞれで違ってくるのでしょう。正直今の日本のリアルを見た感じがしました。ぜひたくさんの人に見て欲しい映画ですね。諦めるのではなく、自分に何かできないかと考えるのも必要だと思いました。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。