FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(洋画)

「天才作家の妻 40年目の真実」を無料動画で見る

天才作家の妻 40年目の真実

『天才作家の妻 40年目の真実』の動画をチェック[PR]↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『天才作家の妻 40年目の真実』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

Amazonプライムビデオ


世界のネット市場を手中におさめる天下のAmazonが運営するサービス。Amazon利用者なら簡単に開始できます。値段の安さもあって利用者はどんどん増えていき、今では最も利用機会の多いサービスになっています。配信している作品数も非常に膨大です。プライムビデオで見放題になっていない作品も、別個で単品ごとにレンタル視聴でき、その価格も最小で100円からとお得なので、どんな映画を観たい人でも対応できる万能さが売りになっています。最近ではオリジナルコンテンツにも力を入れており、ここでしか見れない作品も鑑賞できるのでますます賑やかになってきました。

Paravi パラビ


東京放送ホールディングス・日本経済新聞社・テレビ東京ホールディングス・WOWOW・電通・博報堂DYメディアパートナーズの6社出資によって運営されるサービスです。2018年4月に開始されたばかりで、他の同様のサービスと比べるとラインナップも後追いで少ない傾向にありますが、日本企業らしくここでしかない日本のコンテンツを揃えているので、その独自性で勝負しています。テレビ番組が充実しているほか、芸能系や番組系のオリジナルコンテンツもあり、ふだんテレビをよく見ている人ほど、「これが見たい!」とベストマッチしやすいでしょう。

FOD フジテレビオンデマンド


フジテレビジョンが運営するサービスです。動画配信、ライブ配信、雑誌やコミックなどの電子書籍を1つのプラットフォームで提供するのが大きな特徴で、広範囲をカバーしたエンタメ総合サービスでもあります。テレビ番組の見逃し配信に注目して実践してきたこともあり、番組ファンの利用者を中心に支持を集めています。スマートフォン向けアプリ「FOD」の累計ダウンロード数も順調に増加しており、スマホでの鑑賞も多いことがうかがえます。4万タイトル・15万冊の電子書籍・コミックも配信中なので、デジタルで見ることに抵抗のない本好きの人も見逃せません。

無料ホームシアター


海賊版コンテンツにリーチするサイトです。違法なため利用しないでください。利用者はアクセス記録が残るため逮捕の可能性もゼロではありません。宣伝にならないようにURLはこちらでは記載していません(情報をぼかしています)。ユーザーの個人情報を騙し取る悪質な広告が表示されるなどして不利益を与えるページも確認されているので、利用は絶対にオススメしません。無料というワードに釣られてクリックやタップをしないようにしましょう。「映画無料動画で夢心地」など他にも類似の危険性を持ったサイトがあるので注意しましょう。

作品紹介


作品概要・あらすじ
2019年1月26日に劇場公開。ベテラン女優グレン・クローズが、世界的作家の夫を慎ましく支えてきた妻に扮し、夫婦の絆や人生の意味とは何かを描いたヒューマンドラマ。主人公ジョーンを演じたクローズは第91回アカデミー賞で主演女優賞にノミネートされ、クローズ自身にとって7度目のアカデミー賞候補になった。夫ジョゼフ役は「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズなどに出演するベテラン俳優のジョナサン・プライスが務めた。撮影はウルフ・ブラントース。

現代文学の巨匠ジョゼフがノーベル文学賞を授与されることになり、ジョゼフと妻のジョーンは息子を伴い、ノーベル賞の授賞式が行われるストックホルムを訪れる。しかし、そこでジョゼフの経歴に疑いを抱く記者ナサニエルと出会い、夫婦の秘密について問いただされる。実は若い頃から文才に恵まれていたジョーンは、あることがきっかけで作家になることをあきらめた過去があった。そしてジョゼフと結婚後、ジョーンは夫の影となり、世界的作家となる彼の成功を支えてきたのだが…。

キャスト/キャラクター
グレン・クローズ/ジョーン・キャッスルマン
ジョナサン・プライス/ジョゼフ・キャッスルマン
クリスチャン・スレイター/ナサニエル・ボーン
マックス・アイアンズ/デビッド・キャッスルマン
ハリー・ロイド/若い頃のジョゼフ・キャッスルマン
アニー・スターク/若い頃のジョーン・キャッスルマン
エリザベス・マクガバン

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
最初はびっくりするほど仲が良いと見えた夫婦の裏側。オスカーにもノミネートされたグレン・クローズの表情変化がとにかく凄い。本人も全く割り切れていないであろう感情。身勝手にも見える夫の行動、言動、しかしそれに付き従う妻。ついに感情が爆発したその後の展開が何というか...共依存的な関係だったのだろうなあと思わせる。愛なのか、何なのか、最早よくわからない感じがした。明らかに妻かわいそう、ってなってもおかしくない物語であるのに、物語はそこに着地しない。それがこの物語の深さというか...。

自分が書いた本の業績を夫が受けるのは許せても、一番近くで執筆の苦しみを見ていた人に妻は書かないと言われるのは許せなかったのかなと思いました。ずっと溜め込んでいた怒りが、花粉症のコップがいっぱいになって発病するように、授賞式の帰りに爆発するのが彼女の人生の始まりのようで良かった。帰りの飛行機、それでも、ジョーの名誉を傷つけたら許さないったり、白紙のノートに写った文字のへこみを撫でたりして、それでも愛はあったし、今も確かにここにあるのだと感じられて、夫婦って一筋縄じゃないなと思いました。

舞台を見ているような心理劇。ゴーストライターをどのように考えるかだが、他者に無理に書かせることはできないだろうから、ジョセフだけを責める気にはなれない。きらいだけど離れられない、いやだけど一緒にいたい、という関係性だったのかなと考えさせられる。若い頃の映像では、付き合いだした頃から既にそうだったようで、そういう形でつながっていくしかない夫婦のかたちもあるのか、ともやっとした感じが残る。

一般に、ストレスはある程度以上の感情的な負荷がかかったときに生じる。喜怒哀楽のいずれの場合でもストレスは生じるのだ。ノーベル賞受賞という大きなストレスに押し潰されそうになる夫婦の様子がいじらしい。 夫婦はそれぞれに葛藤と戦うのだが、これまで目を瞑ってきた夫婦間のひずみやわだかまりが大きく肥大して、もはや耐えられなくなる。授賞式をやり過ごしても、その後の夫婦関係は修復しがたい。性欲や恋愛感情と名声や世間体のバランスは常に危うい。穏やかに思える我々の日常は、実は薄氷の上に乗っているのだということを、改めて思い知らされた気がした。人生の本質に迫る名作である。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。