FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(洋画)

「ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー」を無料動画で見る

ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー

『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』の動画をチェック↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

Amazonプライムビデオ


世界のネット市場を手中におさめる天下のAmazonが運営するサービス。Amazon利用者なら簡単に開始できます。値段の安さもあって利用者はどんどん増えていき、今では最も利用機会の多いサービスになっています。配信している作品数も非常に膨大です。プライムビデオで見放題になっていない作品も、別個で単品ごとにレンタル視聴でき、その価格も最小で100円からとお得なので、どんな映画を観たい人でも対応できる万能さが売りになっています。最近ではオリジナルコンテンツにも力を入れており、ここでしか見れない作品も鑑賞できるのでますます賑やかになってきました。

FOD フジテレビオンデマンド


フジテレビジョンが運営するサービスです。動画配信、ライブ配信、雑誌やコミックなどの電子書籍を1つのプラットフォームで提供するのが大きな特徴で、広範囲をカバーしたエンタメ総合サービスでもあります。テレビ番組の見逃し配信に注目して実践してきたこともあり、番組ファンの利用者を中心に支持を集めています。スマートフォン向けアプリ「FOD」の累計ダウンロード数も順調に増加しており、スマホでの鑑賞も多いことがうかがえます。4万タイトル・15万冊の電子書籍・コミックも配信中なので、デジタルで見ることに抵抗のない本好きの人も見逃せません。

GYAO!(ギャオ!)


2009年に株式会社GyaO運営の「GyaO」とYahoo! JAPAN運営の「Yahoo!動画」が統合されて無料動画配信サイト「GyaO!」となったサービスです。同時に有料動画配信サイト「GYAO!ストア」を開設しており、無料で見られる作品と有料作品が混在しています。無料作品に関しては期間限定で配信しており、登録なしで鑑賞できるために、非常に気軽に見られるとユーザーからは好評です。無料で配信している作品は、邦画・洋画とバラエティ豊かで、マイナーな作品もあれば、賞を受賞しているような有名作品もあります。無料だからといって全てが安っぽい作品ばかりではありません。

無料ホームシアター


海賊版コンテンツにリーチするサイトです。違法なため利用しないでください。利用者はアクセス記録が残るため逮捕の可能性もゼロではありません。宣伝にならないようにURLはこちらでは記載していません(情報をぼかしています)。ユーザーの個人情報を騙し取る悪質な広告が表示されるなどして不利益を与えるページも確認されているので、利用は絶対にオススメしません。無料というワードに釣られてクリックやタップをしないようにしましょう。「映画無料動画で夢心地」など他にも類似の危険性を持ったサイトがあるので注意しましょう。

作品紹介


作品概要・あらすじ
2019年1月18日に劇場公開。2019年1月1日に生誕100周年を迎える小説家J・D・サリンジャーの半生を描いたドラマ。サリンジャー役を「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のニコラス・ホルト、バーネット役をケビン・スペイシーがそれぞれ演じる。監督は「大統領の執事の涙」の脚本を手がけ、本作が長編監督デビュー作となったダニー・ストロング。撮影はクレイマー・モーゲンソー。

1939年、作家を志しコロンビア大学の創作学科に編入した20歳のサリンジャーは、大学教授ウィット・バーネットのアドバイスで短編小説を書き始める。出版社への売り込みを断られ続ける中、ようやく掲載が決定するが、太平洋戦争のぼっ発によって、その掲載は見送られてしまう。召集により戦地に赴いたサリンジャーは戦争の最前線で地獄を経験し、終戦後もそのトラウマに悩まされながら、初長編「ライ麦畑でつかまえて」を完成させる。この作品の成功により、突如として名声を手に入れたサリンジャーだったが…。

キャスト/キャラクター
ニコラス・ホルト/J・D・サリンジャー
ケビン・スペイシー/ウィット・バーネット
ゾーイ・ドゥイッチ/ウーナ・オニール
サラ・ポールソン/ドロシー・オールディング
ビクター・ガーバー
ホープ・デイビス

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
学校の講師であり文芸誌の編集者であるバーネットや女性編集者ドロシー、その他たくさんの出版関係の人々との関わりと、家族関係のダイナミズムが詳細に描かれ、サリンジャーのことを知らない人にもすべて理解できるようになっている。作品として独立して纏まっており、補完の必要がない点は高く評価できる。

映画で小説の内容が少し紹介されていたが、ライ麦畑の端っこが崖になっていて、子供が次々に落ちそうになるのを捕まえてあげる仕事を永遠に続けるというイメージを聞いて、美しい映像と厳しい現実が浮かび、それがたいそう比喩的であり、そして芸術的であるところに、サリンジャーの不世出の才能を理解した。

サリンジャーファンが彼を追いかけまわす「ライ麦畑で出会ったら」を最近鑑賞していたので、サリンジャーの隠遁生活をその映画で知るくらいの無頓着ではあったのだが、世界に認められる才能を支える彼自身の精神自体は、あまりに繊細で脆く、えらく不器用で、そこにはどうにもうまくいかない切なさが内包されていることが見事に描写されている。

ダイバーシティと言われる時代になっても、変わらず価値観の押し付けというのはあります。むしろ、変わらぬ価値観をベースにして、そことは別に色んな価値観もありますよって提示されてる気すらする。それを彼はこの時代から疑い、反発してたんだなぁと。自分と似てるってわかっても、サリンジャーを見ててイライラする自分がいました。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。