FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(邦画)

「マスカレード・ホテル」を無料動画で見る

マスカレード・ホテル

『マスカレード・ホテル』の動画をチェック↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『マスカレード・ホテル』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

au ビデオパス


名前からはわかりにくいですが「au」のサービスです。国内ドラマの見逃し配信や映画など1万本の動画が見放題になります。見放題プランに加入することで初回登録から30日間は無料で利用でき、見放題には含まれない動画が毎月1本レンタルできる540円相当のコインが毎月付与されるので、準新作もしっかり視聴可能。2018年8月にはau以外のユーザーでも利用できるようになり、ますます認知度が上がって、試せる人の数も増えました。日本のコンテンツの充実さは大きな特徴であり、芸能系や話題作など一般向け作品が好みな人ほど楽しめるバラエティになっています。

FOD フジテレビオンデマンド


フジテレビジョンが運営するサービスです。動画配信、ライブ配信、雑誌やコミックなどの電子書籍を1つのプラットフォームで提供するのが大きな特徴で、広範囲をカバーしたエンタメ総合サービスでもあります。テレビ番組の見逃し配信に注目して実践してきたこともあり、番組ファンの利用者を中心に支持を集めています。スマートフォン向けアプリ「FOD」の累計ダウンロード数も順調に増加しており、スマホでの鑑賞も多いことがうかがえます。4万タイトル・15万冊の電子書籍・コミックも配信中なので、デジタルで見ることに抵抗のない本好きの人も見逃せません。

Rakuten TV


オンラインでスポーツや映画、ドラマ、アニメなど約18万本の動画を配信するもので、運営は「楽天」です。有料作品をレンタル・購入した分だけ料金が発生する従量課金制の作品と、パックに含まれる作品を定額で何本でも視聴できる定額見放題の作品の2つのタイプがあります。有料コンテンツをレンタル・購入する際、全額、または一部を、楽天スーパーポイントでお支払い可能です。ポイントが溜まっている人は活用できます。初めての利用ではポイントがもらえるキャンペーンをやっていることもあるので、こまめにチェックしましょう。継続利用でもお得感満載です。

無料ホームシアター


海賊版コンテンツにリーチするサイトです。違法なため利用しないでください。利用者はアクセス記録が残るため逮捕の可能性もゼロではありません。宣伝にならないようにURLはこちらでは記載していません(情報をぼかしています)。ユーザーの個人情報を騙し取る悪質な広告が表示されるなどして不利益を与えるページも確認されているので、利用は絶対にオススメしません。無料というワードに釣られてクリックやタップをしないようにしましょう。「映画無料動画で夢心地」など他にも類似の危険性を持ったサイトがあるので注意しましょう。

『マスカレード・ホテル』の作品紹介


作品概要・あらすじ
2019年1月18日に劇場公開。東野圭吾のベストセラー小説「マスカレード」シリーズの第1作「マスカレード・ホテル」を映画化し、木村拓哉が初の刑事役に挑んだミステリードラマ。ヒロインとなるホテルマンの尚美役に長澤まさみ。「HERO」シリーズの鈴木雅之がメガホンをとり、「ライアーゲーム」シリーズの岡田道尚が脚本を担当。エグゼクティブプロデューサーは臼井裕詞。

都内で3件の殺人事件が発生した。現場にはいずれも不可解な数字の羅列が残されていたことから、連続殺人事件として捜査が開始される。警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介は、その数字が次の犯行場所を予告していること、そしてホテル・コルテシア東京が4件目の犯行場所になることを突き止める。犯人を見つけるためホテルのフロントクラークに成りすまして潜入捜査に乗り出した新田は、教育係である優秀なフロントクラーク・山岸尚美と衝突を繰り返しながら、事件の真相に近づいていく。

キャスト/キャラクター
木村拓哉/新田浩介
長澤まさみ/山岸尚美
小日向文世/能勢
梶原善/本宮
泉澤祐希/関根
東根作寿英/久我
石川恋/川本
濱田岳
前田敦子
笹野高史
高嶋政宏
菜々緒
生瀬勝久
宇梶剛士
橋本マナミ
田口浩正
勝地涼
松たか子

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
長澤まさみファンとしては、観に行かざるを得ないので鑑賞。もちろん、長澤まさみは何をさし置き、素晴らしいのだけど、キャストが次から次へと、これでもかと言うくらい登場して、豪華。多分、分割すれば、映画4-5本くらい撮れたと思う。内容は東野圭吾の原作で、前に読んでたのでネタバレだった。正直、原作の方は中身が盛りだくさん過ぎてイマイチだったけど、映画では、それぞれの客のエピソードがドラマ1回分くらいの構成なので、楽しめた。映画としての構成の方が上手くハマって、面白くなったように思える。

様々な怪しいお客様が登場するので、ハラハラ・ドキドキが多い映画でした。映画の中で、ホテルマンと刑事の仕事に対する熱さがビシビシ伝わってきて、胸が熱くなりました。単純にホテルに怪しい犯人が来て取り押さえるなんてしょうもないことなんてなく、伏線があり、でもやっぱりという納得感があり、どうすることも出来ない人間の葛藤があり、あっとゆう間の時間でした。

ホテルという豪華な舞台に、魅惑的なカメラワーク、それらに全く引けをとらない俳優陣のおかげで滑り出しは至極好調。それどころか「オリエント急行殺人事件」のような匂いを感じてた。持続していく期待感に煽られ放しだった。そして今回のバディは実に心地が良くて小気味が良い。対照的で反発し合っていた2人が打ち解けていく様は微笑ましいのである。

出演メンツと監督を見て本能寺ホテルとか、若干の不安はあったんだけど、東野圭吾の原作の良さもあるのかも知れないけど、木村拓哉がキムタク過ぎず、遊びもそこそこに推理も楽しめた。なかなかネタバレ的なことは書けないけど、色んな出演者の中に犯人がいるんだろうかって、こいつか?って思いながら見てました。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。