FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(邦画)

「夜明け(2019)」を無料動画で見る

夜明け

『夜明け』の動画をチェック↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『夜明け』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

dTV


ご存知ドコモが運営しているサービスで、当初は利用者も限定的でしたが、その手軽さとスマホとの親和性から一気にユーザー数が拡大しました。配信作品数もバラエティに富んでおり、日本のコンテンツを重視する傾向もあるなど、日本人好みが多め。連動企画やここだけの作品もあったり、毎回違った発見もある楽しいサービスが魅力になっています。ドコモユーザーでなくても利用できるので、気軽に試すのも良いでしょう。VODとしては月額の料金が安く設定されているのも、他にはない個性となっており、お得感があります。ドコモ利用者でなくても関心を持ってみると良いのでは?

Paravi パラビ


東京放送ホールディングス・日本経済新聞社・テレビ東京ホールディングス・WOWOW・電通・博報堂DYメディアパートナーズの6社出資によって運営されるサービスです。2018年4月に開始されたばかりで、他の同様のサービスと比べるとラインナップも後追いで少ない傾向にありますが、日本企業らしくここでしかない日本のコンテンツを揃えているので、その独自性で勝負しています。テレビ番組が充実しているほか、芸能系や番組系のオリジナルコンテンツもあり、ふだんテレビをよく見ている人ほど、「これが見たい!」とベストマッチしやすいでしょう。

Google Play


主にAndroid端末向けデジタルコンテンツ(アプリケーション・映画・音楽・書籍など)の配信サービスでしたが、今ではGoogleのアカウントさえあれば誰でも利用できます。Gmailを利用している人は多いので、アカウントをすでに持っている人も多いでしょう。配信作品は非常に充実しており、デジタル配信はDVD販売よりも先行することが多いため、いち早く観たい人には嬉しいです。サイト内で動画を再生するときは、広告ブロックなどをONにしていると上手く再生画面に移行しないときがあるので、必ずOFFにしておきましょう。価格が安くなっているときもあるので要チェックです。

無料ホームシアター


海賊版コンテンツにリーチするサイトです。違法なため利用しないでください。利用者はアクセス記録が残るため逮捕の可能性もゼロではありません。宣伝にならないようにURLはこちらでは記載していません(情報をぼかしています)。ユーザーの個人情報を騙し取る悪質な広告が表示されるなどして不利益を与えるページも確認されているので、利用は絶対にオススメしません。無料というワードに釣られてクリックやタップをしないようにしましょう。「映画無料動画で夢心地」など他にも類似の危険性を持ったサイトがあるので注意しましょう。

『夜明け』の作品紹介


作品概要・あらすじ
2019年1月18日に劇場公開。是枝裕和、西川美和が立ち上げた制作者集団「分福」に所属し、是枝、西川作品で監督助手を務めた広瀬奈々子の監督デビュー作。是枝監督作「誰も知らない」で見いだされて以来、活躍を続ける柳楽優弥がシンイチ役を務め、哲郎役は小林薫が演じる。エグゼクティブプロデューサーは濱田健二と飯田雅裕。

ある日、川辺を歩いていた初老の哲郎は、水際に倒れていた1人の青年を見つける。哲郎の自宅で介抱された青年は自ら「シンイチ」と名乗った。哲郎とシンイチは徐々に心を通わせ、哲郎は自身が経営する木工所でシンイチに技術を教え、周囲もシンイチを受け入れていった。しかし、シンイチは本名を明かすことができないある秘密を抱えており、哲郎もまた決して忘れることができない過去があった。

キャスト/キャラクター
柳楽優弥/シンイチ/芦沢光
YOUNG DAIS/庄司大介
鈴木常吉/米山源太
堀内敬子/成田宏美
芹川藍
高木美嘉
清水葉月
竹井亮介
飯田芳
岩崎う大

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
冒頭のシーンは、画面が暗過ぎて何をしているのか分からず、朝焼けの中、釣りに出かけてきた哲郎が川べりを見ながら走りだすシーンで、主人公の真一は川べりに居たのかと判明。また、真一は所在無さげにたたずんだり、身の置き所が無いようなシーンが多く、彼のキャラクターを表していたのかもしれないが、見ている側からするともどかしかしく、曖昧でどっちに想像したらいいんだか、はっきりしない。

微妙さが絶妙に描かれているようにも感じました。閉塞した煉獄感がビンビンに伝わるので、監督の手腕は伝わりました。そもそもこの作品に『夜明け』とつける性格の悪さ。わざとおそらく全編ハンディで撮るという感じ悪さも、まあなんと言うか、この映画を撮った監督らしいなぁと思いました。

この映画を観終えた感想はそれぞれあるはずで、それだけ余白を残したラストであった。監督は、「共感できるところもあるでしょうが、違和感も感じるでしょう、それを大事にしてください」と言っていた。そうなのだ、立場が変われば見方も当然変わってくる。人がこだわることが不思議に思えたり、またはしないことにじれったくなったり。そういうことに、ただ反発を覚えるだけでなく、なぜその人がそう言うのかそうするのか、考えてあげることって大切だと思う。

柳楽優弥は、朝ドラの雰囲気と打って変わり、『誰も知らない』の少年の面影を残し、何かを信じる気持ちと信じ切れない気持ちに揺れ動く繊細な演技だ。自分の負の感情を表し、何かをかなぐり捨てることが出来たとき、人は初めて前に進める。それを新たな夜明けと呼べるのかもしれない。暗い夜も、いつかは明ける。この映画から、苦しみを抱えて生きる意味、家族とは?というテーマを投げ掛けられた。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。