FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(洋画)

「マイル22」を無料動画で見る

マイル22

『マイル22』の動画をチェック↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『マイル22』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

Netflix


世界190ヵ国以上で配信事業を展開する、まさに動画配信サービスの王様のような巨大な成功をおさめた企業のグローバルサービスです。日本では2015年に開始されましたが、映画ファンを中心に急速に人気を集め、マニアから一般層、大人から子どもまで幅広い人が利用しています。字幕や吹き替えの選択が自由なほかに、英語字幕が選べる作品もあるため、語学学習に利用する人もいます。Netflixオリジナル作品として独占配信している映画もあり、中には高評価を集め、受賞している非常に素晴らしい名作も生まれており、批評家からの注目も高まっています。

GYAO!(ギャオ!)


2009年に株式会社GyaO運営の「GyaO」とYahoo! JAPAN運営の「Yahoo!動画」が統合されて無料動画配信サイト「GyaO!」となったサービスです。同時に有料動画配信サイト「GYAO!ストア」を開設しており、無料で見られる作品と有料作品が混在しています。無料作品に関しては期間限定で配信しており、登録なしで鑑賞できるために、非常に気軽に見られるとユーザーからは好評です。無料で配信している作品は、邦画・洋画とバラエティ豊かで、マイナーな作品もあれば、賞を受賞しているような有名作品もあります。無料だからといって全てが安っぽい作品ばかりではありません。

Rakuten TV


オンラインでスポーツや映画、ドラマ、アニメなど約18万本の動画を配信するもので、運営は「楽天」です。有料作品をレンタル・購入した分だけ料金が発生する従量課金制の作品と、パックに含まれる作品を定額で何本でも視聴できる定額見放題の作品の2つのタイプがあります。有料コンテンツをレンタル・購入する際、全額、または一部を、楽天スーパーポイントでお支払い可能です。ポイントが溜まっている人は活用できます。初めての利用ではポイントがもらえるキャンペーンをやっていることもあるので、こまめにチェックしましょう。継続利用でもお得感満載です。

無料ホームシアター


海賊版コンテンツにリーチするサイトです。違法なため利用しないでください。利用者はアクセス記録が残るため逮捕の可能性もゼロではありません。宣伝にならないようにURLはこちらでは記載していません(情報をぼかしています)。ユーザーの個人情報を騙し取る悪質な広告が表示されるなどして不利益を与えるページも確認されているので、利用は絶対にオススメしません。無料というワードに釣られてクリックやタップをしないようにしましょう。「映画無料動画で夢心地」など他にも類似の危険性を持ったサイトがあるので注意しましょう。

『マイル22』の作品紹介


作品概要・あらすじ
2019年1月18日に劇場公開。「ローン・サバイバー」「バーニング・オーシャン」「パトリオット・デイ」に続き、マーク・ウォールバーグとピーター・バーグ監督が4度目のタッグを組んだアクションサスペンス。ウォールバーグがシルバを演じるほか、「ザ・レイド」シリーズ、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のイコ・ウワイス、ドラマ「ウォーキング・デッド」のローレン・コーハン、初代UFC世界女子バンタム級王者のロンダ・ラウジー、「RED レッド」シリーズのジョン・マルコビッチらが顔をそろえる。撮影はジャック・ジョフレ。

何者かに国家レベルの危険物質が盗まれた。その行方を知るリー・ノアーは重要参考人として政府の保護下にあったが、そんなノアーを抹殺するため武装勢力が送り込まれる。ジェームズ・シルバ率いるCIAの機密特殊部隊はノアーを国外脱出させるため、インドネシアのアメリカ大使館から空港までの22マイル(約35.4キロ)を、武装勢力の攻撃を浴びながら、ノアーを護送するミッションに挑む。

キャスト/キャラクター
マーク・ウォールバーグ/ジェームズ・シルバ
ローレン・コーハン/アリス・カー
イコ・ウワイス/リー・ノアー
ロンダ・ラウジー/サム・ショウ
ジョン・マルコビッチ/ビショップ
CL/クイーン

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
製作の都合なので仕方ないのだろうけど、もう少し尺が長くても全然観ていられたと思う。というのも、主要メンバーのキャラクターがそれぞれおもしろく、あと少しだけでも彼らの人物像を掘り下げもらえたら嬉しかった。

危険な環境の中を人間を護送する任務と言えば、ブルース・ウイリスがニューヨーク市警の刑事を演じた『16ブロック』を思いだします。これも、周囲が敵だらけと言う究極の環境での護送任務でした。違う所は、『16ブロック』は一匹狼の刑事がたった一人で護送していたのに対し、こちらの作品は、チームとして活動しているところ。どちらが楽かと言う事は無いと思いますが、支援を受けられるだけ、こちらの方が楽?かとも思いましたが、全然違いましたね。ネタバレになるので、あまり詳しくは書けませんが、どちらも、護送任務を簡単に考えてはダメだと言う事ですね。

ピーター・バーグ監督は、銃弾が飛び交い、激しいカメラワークで目まぐるしく展開させる中で、個々の人物の癖の数々を描き続けることで飽きさせないよう考えたと思います。それくらい、ずっと戦闘が続くかと思えば、嫌らしいくらいに主要人物の特徴となる癖が気になってくる映画です。

テンポ良く進むことに重きを置きすぎて、プロットや人物設定を丁寧に描くことがおざなりになってしまったような、残念な映画だった。マーク・ウォールバーグ演じるジェームス・シルバは、かなりクセのあるキャラとして描きたかったのだろうが、ファックだのシットだの連発しているだけでセリフが面白くなくて魅力的なキャラではなかった。舞台になる国が架空の東南アジアの国、という設定になっているのも話が良く分からない要因だと思う。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。