FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(洋画)

「バジュランギおじさんと、小さな迷子」を無料動画で見る

バジュランギおじさんと、小さな迷子

『バジュランギおじさんと、小さな迷子』の動画をチェック↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『バジュランギおじさんと、小さな迷子』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

au ビデオパス


名前からはわかりにくいですが「au」のサービスです。国内ドラマの見逃し配信や映画など1万本の動画が見放題になります。見放題プランに加入することで初回登録から30日間は無料で利用でき、見放題には含まれない動画が毎月1本レンタルできる540円相当のコインが毎月付与されるので、準新作もしっかり視聴可能。2018年8月にはau以外のユーザーでも利用できるようになり、ますます認知度が上がって、試せる人の数も増えました。日本のコンテンツの充実さは大きな特徴であり、芸能系や話題作など一般向け作品が好みな人ほど楽しめるバラエティになっています。

GYAO!(ギャオ!)


2009年に株式会社GyaO運営の「GyaO」とYahoo! JAPAN運営の「Yahoo!動画」が統合されて無料動画配信サイト「GyaO!」となったサービスです。同時に有料動画配信サイト「GYAO!ストア」を開設しており、無料で見られる作品と有料作品が混在しています。無料作品に関しては期間限定で配信しており、登録なしで鑑賞できるために、非常に気軽に見られるとユーザーからは好評です。無料で配信している作品は、邦画・洋画とバラエティ豊かで、マイナーな作品もあれば、賞を受賞しているような有名作品もあります。無料だからといって全てが安っぽい作品ばかりではありません。

Google Play


主にAndroid端末向けデジタルコンテンツ(アプリケーション・映画・音楽・書籍など)の配信サービスでしたが、今ではGoogleのアカウントさえあれば誰でも利用できます。Gmailを利用している人は多いので、アカウントをすでに持っている人も多いでしょう。配信作品は非常に充実しており、デジタル配信はDVD販売よりも先行することが多いため、いち早く観たい人には嬉しいです。サイト内で動画を再生するときは、広告ブロックなどをONにしていると上手く再生画面に移行しないときがあるので、必ずOFFにしておきましょう。価格が安くなっているときもあるので要チェックです。

無料ホームシアター


海賊版コンテンツにリーチするサイトです。違法なため利用しないでください。利用者はアクセス記録が残るため逮捕の可能性もゼロではありません。宣伝にならないようにURLはこちらでは記載していません(情報をぼかしています)。ユーザーの個人情報を騙し取る悪質な広告が表示されるなどして不利益を与えるページも確認されているので、利用は絶対にオススメしません。無料というワードに釣られてクリックやタップをしないようにしましょう。「映画無料動画で夢心地」など他にも類似の危険性を持ったサイトがあるので注意しましょう。

『バジュランギおじさんと、小さな迷子』の作品紹介


作品概要・あらすじ
2019年1月18日に劇場公開。インド人青年と、声を出せないパキスタンから来た少女が、国や宗教を超えて織り成す2人旅をあたたかく描き、世界各国でヒットを記録したインド映画。主人公パワンをインド映画界の人気スター、サルマーン・カーンが演じる。撮影はアセーム・ミシュラー。

幼い頃から声が出せない障がいを持つシャヒーダーは、パキスタンの小さな村からインドのイスラム寺院に願掛けにやってきた。しかし、その帰り道で母親とはぐれてしまい、1人インドに取り残されてしまう。そんなシャヒーダーが出会ったのは、正直者でお人好しなパワンだった。ヒンドゥー教のハヌマーン神の熱烈な信者であるパワンは、ハヌマーンの思し召しと、シャヒーダーを預かることにするが、彼女がパキスタンのイスラム教徒だと分かり驚がくする。長い年月、さまざまな部分で激しく対立するインドとパキスタン。しかし、パワンはシャヒーダーを家に送り届けることを決意し、パスポートもビザもない、国境越えの2人旅がスタートする。

キャスト/キャラクター
サルマーン・カーン/パワン
ハルシャーリー・マルホートラ/シャヒーダー
カリーナ・カプール/ラスィカー
ナワーズッディーン・シッディーキー/チャンド・ナワーブ
シャーラト・サクセーナ/ダヤーナンド
オーム・プリー

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
あらすじを読んで大体話の想像がつく人もいるかもしれない。お察しのとおりお話の筋は王道だ。目新しいものではない。それでも見に行ってほしい。王道のストーリーを、この映画は実に丁寧に魅力的に描ききっている。主演の女の子がとても可愛い。声を出せないからこそ、表情や仕草で感情を伝えているがすごい演技力だ。主演のバジュランギももちろん素晴らしいが、女の子の名演技がこの作品の質を高めていると思う。

涙あり笑いあり、最初から最後まで胸の熱くなる優しさと愛に溢れた映画。いつしか故郷に少女を送り届けたいという主人公と同じ思いで一緒に旅をしていた。インド映画は前から好きだったが、こんなすごい映画も作れるんだ!と正直驚いた。お決まりの歌と踊りももちろんバッチリ。今まで知らなかったインドとパキスタンの社会情勢、宗教感も知ることができ何から何まで素晴らしい作品だった。ラストシーンはずっと心に刻まれるだろう。

シャヒーダーの生まれ故郷はとても素敵で話の中でも出てくるスイスを思わせる風景が印象的でした。物語はインドとパキスタンが抱える宗教的で政治的な問題が絡んできますが、ラストに向けてそれらを一掃する本質的な人間愛が描かれておりほっこりする感動が残ります。とても観やすい作りで是非多くの方々に見ていただきたい映画だと思います。

こんなにすてきな映画なのに上映館が少ないのが不思議。インドとパキスタンの普通の人たちが平和を望んでいることが伝わってきます。平和を妨げるものが何であるかも含めて。それを笑いと涙満載の画面で伝えてくるところが素晴らしかったです。もう一度、見てもいい。誰かを誘って。すてきな文化は広げたくなるし、広げないともったいない。

今だに対立している印パ関係を反映して、「愛」は宗教も国も越えるというのが主題。シンプルっちぁシンプル。作りも、歌とダンスがてんこ盛りのインド映画の典型っちぁインド映画の典型。ところが、今世界の至る所で、人道が蔑ろにされ、人間を大事にしないくせに宗教を名乗る輩が多いせいか、シンプルな内容が妙に胸に迫ってきて、最後の方は涙無しでは見られない。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。