FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(洋画)

「マチルド、翼を広げ」を無料動画で見る

マチルド、翼を広げ

『マチルド、翼を広げ』の動画をチェック↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『マチルド、翼を広げ』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

Hulu


見放題サービスのなかでは一番日本人に身近なものがHuluです。SMだけで展開していますが、作品の充実さは大きな魅力になっています。アメコミ映画など大作や人気のアニメ作品を始め、シリーズものを一気に配信することも多く、タイミングよく利用すると特定のファンの人には大満足できるでしょう。2017年にはドメインを「hulu.jp」から「happyon.jp」に移行し、サービスをさらにパワーアップさせました。日本の番組も配信されているので、日本のコンテンツが乏しいNetflixよりも日本ユーザーの一般層に親しみやすいのが支持されている理由のひとつでもあります。

FOD フジテレビオンデマンド


フジテレビジョンが運営するサービスです。動画配信、ライブ配信、雑誌やコミックなどの電子書籍を1つのプラットフォームで提供するのが大きな特徴で、広範囲をカバーしたエンタメ総合サービスでもあります。テレビ番組の見逃し配信に注目して実践してきたこともあり、番組ファンの利用者を中心に支持を集めています。スマートフォン向けアプリ「FOD」の累計ダウンロード数も順調に増加しており、スマホでの鑑賞も多いことがうかがえます。4万タイトル・15万冊の電子書籍・コミックも配信中なので、デジタルで見ることに抵抗のない本好きの人も見逃せません。

GYAO!(ギャオ!)


2009年に株式会社GyaO運営の「GyaO」とYahoo! JAPAN運営の「Yahoo!動画」が統合されて無料動画配信サイト「GyaO!」となったサービスです。同時に有料動画配信サイト「GYAO!ストア」を開設しており、無料で見られる作品と有料作品が混在しています。無料作品に関しては期間限定で配信しており、登録なしで鑑賞できるために、非常に気軽に見られるとユーザーからは好評です。無料で配信している作品は、邦画・洋画とバラエティ豊かで、マイナーな作品もあれば、賞を受賞しているような有名作品もあります。無料だからといって全てが安っぽい作品ばかりではありません。

無料ホームシアター


海賊版コンテンツにリーチするサイトです。違法なため利用しないでください。利用者はアクセス記録が残るため逮捕の可能性もゼロではありません。宣伝にならないようにURLはこちらでは記載していません(情報をぼかしています)。ユーザーの個人情報を騙し取る悪質な広告が表示されるなどして不利益を与えるページも確認されているので、利用は絶対にオススメしません。無料というワードに釣られてクリックやタップをしないようにしましょう。「映画無料動画で夢心地」など他にも類似の危険性を持ったサイトがあるので注意しましょう。

作品紹介


作品概要・あらすじ
2019年1月12日に劇場公開。「カミーユ、恋はふたたび」の監督・脚本・主演を務めたノエミ・ルボフスキーが、自身の子ども時代を詩的な表現で描いたファンタジードラマ。ルボフスキー監督が情緒不安定な母親役を自ら熱演し、主人公マチルドにはこれがデビュー作となるリュス・ロドリゲスを起用。マチルドを優しく見守る父親役を「007 慰めの報酬」のマチュー・アマルリックが演じた。撮影はジャン=マルク・ファーブル。

パリで暮らす9歳の少女マチルドは、少し変わり者のママの突飛な言動に振り回されてばかりで、学校でも友だちができず孤独な毎日を送っていた。そんなある日、ママが小さなフクロウを連れて来る。そのフクロウはなんと話すことができ、マチルドに理知的な言葉を投げかけながら、彼女がピンチに陥ると守護天使のように守ってくれる。フクロウと幸せな時間を過ごすマチルドだったが、やがてママがまた騒動を起こし…。

キャスト/キャラクター
リュス・ロドリゲス/マチルド
ノエミ・ルボフスキー/マチルドの母(ザッシンガー夫人)
マチュー・アマルリック/マチルドの父
アナイス・ドゥムースティエ/成長したマチルド
ミーシャ・レスコ/フクロウ(声)

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
本作は幼い少女が精神的に不安定な母と共に暮らしながら、重要な場面で何度も涙を飲んだり、母のことを懸命に気がけたり、時には孤独に心が張り裂けそうになったりもする物語だ。しかし、だからといって母のことを恨んだり攻め立てるどころか、本作は絶対に特定のキャラクターのことを嫌な人物として描く真似はしない。

本当にフクロウが人間の言葉を話せるかどうかは想像性の問題として、マチルドを見ていると孤独な時や辛い時には、知恵やイマジネーションが味方になってくれる事が分かります。私にとってのフクロウが映画や本であるように、誰にでもフクロウがいるのではないでしょうか。

母親とのコミュニケーションは難しく、一緒に暮らしているとはいえ孤独だ。母親の奇行により恥ずかしい思いをすることも少なくなく、何より何処かへ行ったきり戻らない夜の不安感は特別だろう。今作は監督自身の体験をもとにしているのですね。非常に厳しい内容ながら、現実とイマジネーションの世界を往き来しつつ決して落ちきらない。結果、孤独な心を甘さを抑えたチョコレートで包んだようなファンタジーとして成立していた。

飽きることなく観られました。映画としての出来はいい。意外な展開はほとんど何も起こらない。いや、母親がおかしいからどれも意外な展開か。なんか、そういうことはどうでもよくなって、母親と心を通わせる娘と少しだけ同期できると思うよ。
母親と娘の繋がりって、こんな感じなんだろうな。男の俺にはピンとこないが、こんな母親とかは関係なく、深い絆で結ばれているよね、というメッセージは伝わってきました。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。