FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(邦画)

「映画 刀剣乱舞」を無料動画で見る

映画 刀剣乱舞

『映画 刀剣乱舞』の動画をチェック↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『映画 刀剣乱舞』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

FOD フジテレビオンデマンド


フジテレビジョンが運営するサービスです。動画配信、ライブ配信、雑誌やコミックなどの電子書籍を1つのプラットフォームで提供するのが大きな特徴で、広範囲をカバーしたエンタメ総合サービスでもあります。テレビ番組の見逃し配信に注目して実践してきたこともあり、番組ファンの利用者を中心に支持を集めています。スマートフォン向けアプリ「FOD」の累計ダウンロード数も順調に増加しており、スマホでの鑑賞も多いことがうかがえます。4万タイトル・15万冊の電子書籍・コミックも配信中なので、デジタルで見ることに抵抗のない本好きの人も見逃せません。

ニコニコ動画


ドワンゴが提供している動画共有サービスで、2006年から地道に運用が始まり、今では日本を代表する動画サイトとして、日本のインターネット・ミームの礎を築いてきた歴史があります。動画にコメントが付けられる機能が有名ですが、ある程度の自由奔放なユーザー文化を維持しているのが、支持される大きな理由。映画に関するさまざまな動画も揃っていますが、利用はあくまで法的範囲内にとどめましょう。「niconico」という名称は世界でも有名になり、他の類似サービスの後追い現象を生み出しました。映画関連の生放送や配信も行われており、のぞいてみる価値ありです。

Dailymotion


フランスの動画共有サービスで、2005年にサービスが開始された歴史あるものです。多言語展開が整備されており、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、デンマーク語、スウェーデン語、ルーマニア語、トルコ語、日本語、韓国語、中国語のサービスが公開済みなために日本のユーザーも楽しめます。一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構による違法動画を海賊版動画照合システムを採用しており、管理体制も抜群です。セクシャルな動画に関してはYoutube以上に寛容というスタイルなため重宝されている側面もあります。

無料ホームシアター


海賊版コンテンツにリーチするサイトです。違法なため利用しないでください。利用者はアクセス記録が残るため逮捕の可能性もゼロではありません。宣伝にならないようにURLはこちらでは記載していません(情報をぼかしています)。ユーザーの個人情報を騙し取る悪質な広告が表示されるなどして不利益を与えるページも確認されているので、利用は絶対にオススメしません。無料というワードに釣られてクリックやタップをしないようにしましょう。「映画無料動画で夢心地」など他にも類似の危険性を持ったサイトがあるので注意しましょう。

作品紹介


作品概要・あらすじ
2019年1月18日に劇場公開。刀剣を擬人化した「刀剣男士」を率い歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲームで、アニメ化やミュージカル舞台化もされてきた「刀剣乱舞 ONLINE」を実写映画化。舞台版「刀剣乱舞」でも三日月宗近を演じた鈴木拡樹ほか、荒牧慶彦、和田雅成ら2.5次元舞台を中心に活躍する若手俳優が多数出演。監督は「百瀬、こっちを向いて。」「暗黒女子」の耶雲哉治。脚本は「進撃の巨人」「牙狼 GARO」シリーズなどを手がける小林靖子。エグゼクティブプロデューサーは高橋亜希人。

織田信長を本能寺の変から逃し、歴史の流れを変えようと企む時間遡行軍の企みを阻止したはずの刀剣男士たちのもとに、「織田信長生存」の一報が届く。本来の歴史を取り戻すため、刀剣男士たちは再び過去へと出陣するが、信長生存の影には怪しい影がうごめき、時間遡行軍も立て続けに歴史に介入してくる。やがて三日月宗近は、敵の本当の狙いに気づくが…。

キャスト/キャラクター
鈴木拡樹/三日月宗近
荒牧慶彦/山姥切国広
北村諒/薬研藤四郎
和田雅成/へし切長谷部
岩永洋昭/日本号
定本楓馬/骨喰藤四郎
椎名鯛造/不動行光
廣瀬智紀/鶯丸
八嶋智人/羽柴秀吉
山本耕史/織田信長

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
ミュージカルは見てましたが舞台は私は見たことなかったんですが、刀剣男士側の役者さんは舞台刀剣乱舞でも同じ役やってる人や特撮出身の人ということで、演技し慣れてるんでしょうね、ゲームのキャラと違う!ってことはありませんでしたし、三日月役の方の表情にハッとするようなこともありました。秀吉役、信長役はさすが実力派俳優さん、迫力満点でした。殺陣や戦のシーンもすごかった。

舞台でも激しい、定評のある殺陣をこなして来た俳優さんばかりなのでとてもキレの良いカッコいい殺陣でした。俳優さん本人がやっていると分かるようにワザと顔の映り込んだヨリの画面になっているそうです。脚本が小林靖子さんと言う事で戦隊モノや仮面ライダー好きにもオススメとよく言われていますが、自分は東北新社の作品なので牙狼ファンにオススメだと思っています。敵役の時代遡行軍の演出はホラー味があるし、刀での戦闘も魔戒騎士の戦闘シーンが好きな方にも見応えがあるものだと思います。

刀剣乱舞というコンテンツが大好きという若干の贔屓目があるかもしれませんが、それを差し引いても、納得のいくキャスティングやビジュアル、衣装、舞台の出来です。脚本も王道の展開でありながらもクライマックスに向けての伏線が細かなところまで散りばめられており、二度三度と楽しめるストーリーだと感じました。

正直今まで見てきた実写化は(口が悪いのですが)人気俳優、女優が大してアニメも見てないのが丸わかりな演技をしていたり、設定もこのアニメを原作にする必要ある?といったほど酷いものも多かったので正直期待していなかったのですが、これは価値観がひっくり返りました。

実写キャストの予備知識がなかったのが、逆に良かったのかも知れません。まず実写化映画に良く見られる、演じてます感、キャラクターにまだ慣れてません感がほとんどありません。所作、仕草、表情、台詞の間合い、タイミング、声音、どれもゲームをリスペクトした並々ならぬ努力が垣間見れるほどクオリティが高いです。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。