FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(洋画)

「クリード 炎の宿敵(クリード2)」を無料動画で見る

クリード 炎の宿敵

『クリード 炎の宿敵』の動画をチェック↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『クリード 炎の宿敵』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

dTV


ご存知ドコモが運営しているサービスで、当初は利用者も限定的でしたが、その手軽さとスマホとの親和性から一気にユーザー数が拡大しました。配信作品数もバラエティに富んでおり、日本のコンテンツを重視する傾向もあるなど、日本人好みが多め。連動企画やここだけの作品もあったり、毎回違った発見もある楽しいサービスが魅力になっています。ドコモユーザーでなくても利用できるので、気軽に試すのも良いでしょう。VODとしては月額の料金が安く設定されているのも、他にはない個性となっており、お得感があります。ドコモ利用者でなくても関心を持ってみると良いのでは?

Rakuten TV


オンラインでスポーツや映画、ドラマ、アニメなど約18万本の動画を配信するもので、運営は「楽天」です。有料作品をレンタル・購入した分だけ料金が発生する従量課金制の作品と、パックに含まれる作品を定額で何本でも視聴できる定額見放題の作品の2つのタイプがあります。有料コンテンツをレンタル・購入する際、全額、または一部を、楽天スーパーポイントでお支払い可能です。ポイントが溜まっている人は活用できます。初めての利用ではポイントがもらえるキャンペーンをやっていることもあるので、こまめにチェックしましょう。継続利用でもお得感満載です。

Dailymotion


フランスの動画共有サービスで、2005年にサービスが開始された歴史あるものです。多言語展開が整備されており、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、デンマーク語、スウェーデン語、ルーマニア語、トルコ語、日本語、韓国語、中国語のサービスが公開済みなために日本のユーザーも楽しめます。一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構による違法動画を海賊版動画照合システムを採用しており、管理体制も抜群です。セクシャルな動画に関してはYoutube以上に寛容というスタイルなため重宝されている側面もあります。

無料ホームシアター


海賊版コンテンツにリーチするサイトです。違法なため利用しないでください。利用者はアクセス記録が残るため逮捕の可能性もゼロではありません。宣伝にならないようにURLはこちらでは記載していません(情報をぼかしています)。ユーザーの個人情報を騙し取る悪質な広告が表示されるなどして不利益を与えるページも確認されているので、利用は絶対にオススメしません。無料というワードに釣られてクリックやタップをしないようにしましょう。「映画無料動画で夢心地」など他にも類似の危険性を持ったサイトがあるので注意しましょう。

作品紹介


作品概要・あらすじ
2019年1月11日に劇場公開。「ロッキー」シリーズを新たな主人公アドニスの物語として復活させ、世界中で好評を博した「クリード チャンプを継ぐ男」の続編。「ロッキー4 炎の友情」で、アドニスの父であり、ロッキーの盟友だったアポロ・クリードを葬ったイワン・ドラコの息子ヴィクターが登場し、アドニスが因縁の対決に挑む姿を描く。前作から続いてアドニス役をマイケル・B・ジョーダン、ロッキー役をシルベスター・スタローンが演じ、スタローンは脚本も担当。「ロッキー4」でイワン・ドラコを演じたドルフ・ラングレンも同役で出演。監督は新鋭スティーブン・ケイプル・Jr.が務めた。美術はフランコ=ジャコモ・カルボーネ。

ロッキーの指導の下、世界チャンピオンに上り詰めたアドニスは、かつて父アポロの命を奪ったイワン・ドラゴの息子ヴィクターと対戦することになる。ヴィクターの反則行為により試合には勝利したものの、納得のいく勝利を飾ることができなかったアドニスは、心身ともに不調に陥ってしまう。やがて婚約者のビアンカが出産して父親になったアドニスは、ロッキーから父親という存在の大切さを諭され、しばらく一線から遠のくことに。しかし、「ボクシングこそが自分そのもの」と気づいたアドニスは、ヴィクターとの再戦を決意する。

キャスト/キャラクター
マイケル・B・ジョーダン/アドニス・クリード
シルベスター・スタローン/ロッキー・バルボア
テッサ・トンプソン/ビアンカ・テイラー
フィリシア・ラシャド/メアリー・アン・クリード
ドルフ・ラングレン/イワン・ドラゴ
フロリアン・“ビッグ・ナスティ”・ムンテアヌ/ヴィクター・ドラゴ
ラッセル・ホーンズビー
ウッド・ハリス/トニー・“リトル・デューク”・バートン
アンドレ・ウォード/ダニー・“スタントマン”・ウィーラー
マイロ・ビンティミリア
ブリジット・ニールセン/ルミドラ・ドラゴ

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
これは『クリード』の続編というよりも『ロッキー4』の後日談として捉えるべき作品。王道のストーリー展開と言ってしまえばそれまでだが、アポロの死、投げ込めなかったタオル、勝者のその後、そして敗者のその後など、細部に凝った数々の演出が脳内で過去作をフラッシュバックさせ、ジャブのように琴線を刺激してくる。『ロッキー4』の復習は必須と言って良いだろう。

今回は親友アポロの息子アドニスと、アポロを殺したロシアのドラゴの息子ヴィクターが因縁対決するわけですが、単なるリベンジ映画にせず、ほんとにこういう大ヒットシリーズの続編て難しいと思うんですが、登場人物みんなを丁寧に描いていて、考えに考えて色々こうなったんだろうなぁ…というのがヒシヒシと感じられました。

クリード2 だけど ロッキーシリーズを観ているようで凄く良かった、ラストシーン辺りでは涙さえ出てきたよ クリード1もそれなりに楽しめたが、やっぱり勝たないと。ストーリーは誰もが予測出来ていただろうと思う コテコテのやつだった、勿論それなりの勝つ為の努力や動機付けを織り交ぜながら物語は進んでいくが。

ファミリードラマである。ザ・ファイターを想起させる。2人の母の存在も際立つ。嫁姑との食事のシーンに和み、そこでは避けた本題に、メアリーアンは単刀直入に息子に投げ返す。スタローンの元妻ブリジットニールセンは30年間、この映画のために雌伏していたのか、完璧な出で立ちで現れる。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。