FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(邦画)

「この道(2019)」を無料動画で見る

この道

『この道』の動画をチェック↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『この道』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

au ビデオパス


名前からはわかりにくいですが「au」のサービスです。国内ドラマの見逃し配信や映画など1万本の動画が見放題になります。見放題プランに加入することで初回登録から30日間は無料で利用でき、見放題には含まれない動画が毎月1本レンタルできる540円相当のコインが毎月付与されるので、準新作もしっかり視聴可能。2018年8月にはau以外のユーザーでも利用できるようになり、ますます認知度が上がって、試せる人の数も増えました。日本のコンテンツの充実さは大きな特徴であり、芸能系や話題作など一般向け作品が好みな人ほど楽しめるバラエティになっています。

GYAO!(ギャオ!)


2009年に株式会社GyaO運営の「GyaO」とYahoo! JAPAN運営の「Yahoo!動画」が統合されて無料動画配信サイト「GyaO!」となったサービスです。同時に有料動画配信サイト「GYAO!ストア」を開設しており、無料で見られる作品と有料作品が混在しています。無料作品に関しては期間限定で配信しており、登録なしで鑑賞できるために、非常に気軽に見られるとユーザーからは好評です。無料で配信している作品は、邦画・洋画とバラエティ豊かで、マイナーな作品もあれば、賞を受賞しているような有名作品もあります。無料だからといって全てが安っぽい作品ばかりではありません。

ニコニコ動画


ドワンゴが提供している動画共有サービスで、2006年から地道に運用が始まり、今では日本を代表する動画サイトとして、日本のインターネット・ミームの礎を築いてきた歴史があります。動画にコメントが付けられる機能が有名ですが、ある程度の自由奔放なユーザー文化を維持しているのが、支持される大きな理由。映画に関するさまざまな動画も揃っていますが、利用はあくまで法的範囲内にとどめましょう。「niconico」という名称は世界でも有名になり、他の類似サービスの後追い現象を生み出しました。映画関連の生放送や配信も行われており、のぞいてみる価値ありです。

無料ホームシアター


海賊版コンテンツにリーチするサイトです。違法なため利用しないでください。利用者はアクセス記録が残るため逮捕の可能性もゼロではありません。宣伝にならないようにURLはこちらでは記載していません(情報をぼかしています)。ユーザーの個人情報を騙し取る悪質な広告が表示されるなどして不利益を与えるページも確認されているので、利用は絶対にオススメしません。無料というワードに釣られてクリックやタップをしないようにしましょう。「映画無料動画で夢心地」など他にも類似の危険性を持ったサイトがあるので注意しましょう。

作品紹介


作品概要・あらすじ
2019年1月11日に劇場公開。「あめふり」「ペチカ」「この道」など数々の童謡を残した詩人・北原白秋の波乱に満ちた半生を、音楽家・山田耕筰との友情とともに描いていくヒューマンドラマ。北原白秋を大森南朋、山田耕筰をEXILE AKIRAが演じ、「陽はまた昇る」「半落ち」の佐々部清監督がメガホンをとった。プロデューサーは間瀬泰宏。

天賦の才を持ちながら、酒におぼれ、隣家の人妻に手を出して姦通罪で入獄するなど、自由奔放な天才詩人・北原白秋。ドイツ留学を経て、日本初の交響楽団を結成した生まじめな性格の秀才音楽家・山田耕筰。児童文学誌「赤い鳥」を発刊した鈴木三重吉は「日本の子どもたちに、日本人による童謡を創ろう」と、性格も生き方も異なるこの2人に童謡創作の白羽の矢を立てる。2人は才能がぶつかりあいながらも、関東大震災の被害で意気消沈する子どもたちを元気づけるため、数々の童謡を世に送り出す。しかし、時勢は戦時下へと突入し、2人は子どもたちを戦場へ送り出すための軍歌を作ることを命ぜられてしまう。

キャスト/キャラクター
大森南朋/北原白秋
EXILE AKIRA/山田耕筰
貫地谷しほり/菊子
松本若菜/松下俊子
小島藤子/記者
由紀さおり/「からたちの花」歌手
安田祥子/「からたちの花」歌手
津田寛治/菊池寛
升毅秦彦/三郎
柳沢慎吾/鈴木三重吉
羽田美智子/与謝野晶子
松重豊/与謝野鉄幹
近藤フク/石川啄木
佐々木一平/萩原朔太郎
稲葉友/室生犀星

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
北原白秋・山田耕筰の他にも「弟よ」で有名な与謝野晶子、北原白秋の弟子萩原朔太郎や室生犀星など、戦争で苦しんだ作家たちが多数登場するのも面白かったです。戦争の気運に従った作家、反した作家、反し続けることができずに転向した作家。作家たちのなかにも様々な生き方がありました。

平成の世の中の、家庭人としてはどうかと思うけど、昔は、ある意味で、それが当たり前?だったりもしただろうから、なんとも評価がしがたいけど、どうやって、童謡ができたのか、その時代背景がどうだったのか?を知る意味でも良かったと思うし、日本語の秘めたる特性にも触れることができ、良かったと思う。

大森南朋さんが演じる北原白秋は本当にダメな人だけど、子どもっぽく愛らしくて放っておけない。AKIRAさんが山田耕筰を演じるという不思議。でも、謎が解けた。若い頃の耕筰にそっくり。松重豊さん演じる与謝野鉄幹と羽田美智子さん演じる与謝野晶子が本当に素敵。そちらの物語も映画化して欲しいくらいに。

日本中に盛り上がる軍国主義の波は、白秋の詩から自由を奪い取ってしまう。詩人にとって使う言葉を制限されることは、手足の自由を奪われるに等しい。走ることも飛ぶこともできず、筆の運びさえままならない。美しいものを美しいと書けず、楽しいことを楽しいと書けないで、なんのための詩人か。戦時下の白秋の忸怩たる思いに強く共感する。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。