FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(邦画)

「緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー」を無料動画で見る

緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー

『緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー』の動画をチェック↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

Netflix


世界190ヵ国以上で配信事業を展開する、まさに動画配信サービスの王様のような巨大な成功をおさめた企業のグローバルサービスです。日本では2015年に開始されましたが、映画ファンを中心に急速に人気を集め、マニアから一般層、大人から子どもまで幅広い人が利用しています。字幕や吹き替えの選択が自由なほかに、英語字幕が選べる作品もあるため、語学学習に利用する人もいます。Netflixオリジナル作品として独占配信している映画もあり、中には高評価を集め、受賞している非常に素晴らしい名作も生まれており、批評家からの注目も高まっています。

GYAO!(ギャオ!)


2009年に株式会社GyaO運営の「GyaO」とYahoo! JAPAN運営の「Yahoo!動画」が統合されて無料動画配信サイト「GyaO!」となったサービスです。同時に有料動画配信サイト「GYAO!ストア」を開設しており、無料で見られる作品と有料作品が混在しています。無料作品に関しては期間限定で配信しており、登録なしで鑑賞できるために、非常に気軽に見られるとユーザーからは好評です。無料で配信している作品は、邦画・洋画とバラエティ豊かで、マイナーな作品もあれば、賞を受賞しているような有名作品もあります。無料だからといって全てが安っぽい作品ばかりではありません。

ニコニコ動画


ドワンゴが提供している動画共有サービスで、2006年から地道に運用が始まり、今では日本を代表する動画サイトとして、日本のインターネット・ミームの礎を築いてきた歴史があります。動画にコメントが付けられる機能が有名ですが、ある程度の自由奔放なユーザー文化を維持しているのが、支持される大きな理由。映画に関するさまざまな動画も揃っていますが、利用はあくまで法的範囲内にとどめましょう。「niconico」という名称は世界でも有名になり、他の類似サービスの後追い現象を生み出しました。映画関連の生放送や配信も行われており、のぞいてみる価値ありです。

無料ホームシアター


海賊版コンテンツにリーチするサイトです。違法なため利用しないでください。利用者はアクセス記録が残るため逮捕の可能性もゼロではありません。宣伝にならないようにURLはこちらでは記載していません(情報をぼかしています)。ユーザーの個人情報を騙し取る悪質な広告が表示されるなどして不利益を与えるページも確認されているので、利用は絶対にオススメしません。無料というワードに釣られてクリックやタップをしないようにしましょう。「映画無料動画で夢心地」など他にも類似の危険性を持ったサイトがあるので注意しましょう。

作品紹介


作品概要・あらすじ
2019年1月11日に劇場公開。CS放送ファミリー劇場で2012年から放送されているオカルトバラエティ番組「緊急検証!」の劇場版。企画プロデュースは服部洋之。

かつては日本中で一大ブームとなりながら、現在ではいわゆるオワコン状態となっているオカルト。そんな中、この番組は最新のプレゼンテーションを展開し、平成のオカルトシーンを牽引してきた。今回の劇場版では、番組でもおなじみの飛鳥昭雄、山口敏太郎、中沢健による通称「オカルト三銃士」の3人が、スプーン曲げのユリ・ゲラー、ノストラダムスの大予言、ネス湖の怪獣ネッシーなど、かつて大ブームを巻き起こしたオカルト案件の数々を、イギリス・ネス湖への取材敢行などスケールアップした内容で徹底検証していく。

キャスト/キャラクター
逸見太郎
大槻ケンヂ
辛酸なめ子
飛鳥昭雄
山口敏太郎
中沢健
吉田悠軌
ユリ・ゲラー
清田益章
秋山眞人
康芳夫
森達也
唐沢俊一

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
入場前にプレゼントされたスプーンを、最後に使用することになろうとは思いませんでした。私はスプーンを曲げることが出来ませんでしたので、今後カレー用として使用させて頂きます。もちろん食べる前に、スプーン曲げの練習をしてからね。

一言で言ってしまえば『プロレス』なのである。即ちプロレスとは、阿吽の呼吸であり、それ即ち『社会の縮図』そのものである。“きっかけ作り”はお互い共通認識、そしてその経過はお互いの信頼と一つまみのハプニング、そしてその結果は“流れ”でというこれ以上ない高等な状況芝居と上質な即興演劇、しかし本音と建て前の絶妙なブレンドの上に成り立っている究極のエンタメなのだろうと定義している。

やられた。これは映画ではない。問題映像の告発だ。いや、問題映画だから映画なのか。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。