FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(邦画)

「アストラル・アブノーマル鈴木さん」を無料動画を見る

アストラル・アブノーマル鈴木さん

『アストラル・アブノーマル鈴木さん』の動画をチェック↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『アストラル・アブノーマル鈴木さん』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

Google Play


主にAndroid端末向けデジタルコンテンツ(アプリケーション・映画・音楽・書籍など)の配信サービスでしたが、今ではGoogleのアカウントさえあれば誰でも利用できます。Gmailを利用している人は多いので、アカウントをすでに持っている人も多いでしょう。配信作品は非常に充実しており、デジタル配信はDVD販売よりも先行することが多いため、いち早く観たい人には嬉しいです。サイト内で動画を再生するときは、広告ブロックなどをONにしていると上手く再生画面に移行しないときがあるので、必ずOFFにしておきましょう。価格が安くなっているときもあるので要チェックです。

ニコニコ動画


ドワンゴが提供している動画共有サービスで、2006年から地道に運用が始まり、今では日本を代表する動画サイトとして、日本のインターネット・ミームの礎を築いてきた歴史があります。動画にコメントが付けられる機能が有名ですが、ある程度の自由奔放なユーザー文化を維持しているのが、支持される大きな理由。映画に関するさまざまな動画も揃っていますが、利用はあくまで法的範囲内にとどめましょう。「niconico」という名称は世界でも有名になり、他の類似サービスの後追い現象を生み出しました。映画関連の生放送や配信も行われており、のぞいてみる価値ありです。

iTunes


家でくつろいでいる時も、外出先でも、iTunesがあればいつでも映画の世界に飛び込めます。あなたは観たい作品をダウンロードするだけで完了。すると、通勤電車の中が、空港のゲートの前が、順番を待っている列が、あなた専用の映画館に変わります。iTunes Extrasでは、未公開シーンや別テイクなどの特典映像を楽しめます。観たい映画が決められない場合は、iTunesが厳選した「おすすめ」をチェックしてみましょう。Apple TV 4Kを使えば、お気に入りのコンテンツを4K HDRで楽しむこともできます。あなたの映画のコレクション全体を整理するのも簡単にできます。

無料ホームシアター


海賊版コンテンツにリーチするサイトです。違法なため利用しないでください。利用者はアクセス記録が残るため逮捕の可能性もゼロではありません。宣伝にならないようにURLはこちらでは記載していません(情報をぼかしています)。ユーザーの個人情報を騙し取る悪質な広告が表示されるなどして不利益を与えるページも確認されているので、利用は絶対にオススメしません。無料というワードに釣られてクリックやタップをしないようにしましょう。「映画無料動画で夢心地」など他にも類似の危険性を持ったサイトがあるので注意しましょう。

『アストラル・アブノーマル鈴木さん』の作品紹介


作品概要・あらすじ
2019年1月5日に劇場公開。テレビドラマ版「この世界の片隅に」などで活躍する若手女優の松本穂香の主演で、全17話がYouTubeで配信されたドラマの再編集となるディレクターズカットの劇場版。運命にいたずらにより田舎に取り残された主人公の鈴木ララがYouTuberとなり、家族や来訪者を巻き込んで暴走する日々を、オフビートかつポップに描く。松本が、これまで演じてきた役柄とは真逆のやさぐれたYouTuberを熱演。2017年「TAMA NEW WAVE」で3部門を受賞した「ウルフなシッシー」の大野大輔監督が手がけ、監督自らYouTube配信版から編集、レコーディングを再構成した。エグゼクティブプロデューサーは長澤修一。

キャスト/キャラクター
松本穂香/ララ/リリ
西山繭子/久美子
田中偉登/流留男
広山詞葉/神野
谷のばら/望月
大沼遼平
木村知貴
芦原健介
中沢健
三坂知絵子
AKI
松井理子
鳥谷宏之
大野大輔
根矢涼香
加藤啓

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
「自分も認められたかもしれないのに」という不満とかコンプレックスとか捻くれは周りにもいるし、身に覚えもあるし、おかしくて見てられるけど痛々しい感じが良い。妹との対峙のシーンは辛いし、最後のギター少女を撮影して号泣するシーンの「表に立つ」ことへの憧れと屈折が爆発したところは切ない。

もう、エキセントリックで、自己顕示欲爆発の暴走女子ゴリゴリの出だしにドン引き。何が彼女をそうさせた?の疑問は、松本穂香の一人二役演技で明かされます。双子の妹への嫉妬と、挫折と、家族を蔑ろにした事へのささやかなにして無意味な復讐、みたいなもんのミックス。「家族の物語」要素をトッピングにしますが、結局は「若気の至り」の青春モノに帰結。

松本穂香がとにかく良い。ずっと観ていたいくらい良い。なのでエンディングクレジットで踊りまくってくれて救われた。「チャプチャプ水の音がしてますか〜?」の関西弁のシーンがぐっと来てたまりません。人生で必ず「かます」時が来るし。堺の女ナメてたらあかんし。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。