FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(邦画)

「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」を無料動画を見る

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の動画をチェック↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

Netflix


世界190ヵ国以上で配信事業を展開する、まさに動画配信サービスの王様のような巨大な成功をおさめた企業のグローバルサービスです。日本では2015年に開始されましたが、映画ファンを中心に急速に人気を集め、マニアから一般層、大人から子どもまで幅広い人が利用しています。字幕や吹き替えの選択が自由なほかに、英語字幕が選べる作品もあるため、語学学習に利用する人もいます。Netflixオリジナル作品として独占配信している映画もあり、中には高評価を集め、受賞している非常に素晴らしい名作も生まれており、批評家からの注目も高まっています。

Amazonプライムビデオ


世界のネット市場を手中におさめる天下のAmazonが運営するサービス。Amazon利用者なら簡単に開始できます。値段の安さもあって利用者はどんどん増えていき、今では最も利用機会の多いサービスになっています。配信している作品数も非常に膨大です。プライムビデオで見放題になっていない作品も、別個で単品ごとにレンタル視聴でき、その価格も最小で100円からとお得なので、どんな映画を観たい人でも対応できる万能さが売りになっています。最近ではオリジナルコンテンツにも力を入れており、ここでしか見れない作品も鑑賞できるのでますます賑やかになってきました。

Paravi パラビ


東京放送ホールディングス・日本経済新聞社・テレビ東京ホールディングス・WOWOW・電通・博報堂DYメディアパートナーズの6社出資によって運営されるサービスです。2018年4月に開始されたばかりで、他の同様のサービスと比べるとラインナップも後追いで少ない傾向にありますが、日本企業らしくここでしかない日本のコンテンツを揃えているので、その独自性で勝負しています。テレビ番組が充実しているほか、芸能系や番組系のオリジナルコンテンツもあり、ふだんテレビをよく見ている人ほど、「これが見たい!」とベストマッチしやすいでしょう。

無料ホームシアター


海賊版コンテンツにリーチするサイトです。違法なため利用しないでください。利用者はアクセス記録が残るため逮捕の可能性もゼロではありません。宣伝にならないようにURLはこちらでは記載していません(情報をぼかしています)。ユーザーの個人情報を騙し取る悪質な広告が表示されるなどして不利益を与えるページも確認されているので、利用は絶対にオススメしません。無料というワードに釣られてクリックやタップをしないようにしましょう。「映画無料動画で夢心地」など他にも類似の危険性を持ったサイトがあるので注意しましょう。

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の作品紹介


作品概要・あらすじ
2018年12月28日に劇場公開。筋ジストロフィーにかかりながらも自らの夢や欲に素直に生き、皆に愛され続けた実在の人物・鹿野靖明さんと、彼を支えながらともに生きたボランティアの人々や家族の姿を描いた人間ドラマ。大宅壮一ノンフィクション賞と講談社ノンフィクション賞をダブル受賞した書籍を原作に、「ブタがいた教室」の前田哲監督がメガホンをとり、大泉洋が主演を務めた。医学生・田中を三浦春馬、彼の恋人・美咲を高畑充希がそれぞれ演じる。エグゼクティブプロデューサーは吉田繁暁と伊藤響。

北海道の医学生・田中はボランティアとして、身体が不自由な鹿野と知り合う。筋肉が徐々に衰える難病・筋ジストロフィーを12歳の時に発症した鹿野は、いつも王様のようなワガママぶりで周囲を振り回してばかりいたが、どこか憎めない愛される存在だった。ある日、新人ボランティアの美咲に恋心を抱いた鹿野は、ラブレターの代筆を田中に依頼する。しかし、実は美咲は田中と付き合っていて…。

キャスト/キャラクター
大泉洋/鹿野靖明
高畑充希/安堂美咲
三浦春馬/田中久
萩原聖人/高村大助
渡辺真起子/前木貴子
宇野祥平/塚田心平
韓英恵/泉芳恵
竜雷太/鹿野清
綾戸智恵/鹿野光枝
佐藤浩市/田中猛
原田美枝子/野原博子

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
人間は、俗に言う「ゆりかごから墓場まで」誰一人として、人様に迷惑をかけずに生きていく事など絶対に出来ないのだ。生まれて来る時は裸で生まれ、死んだら誰かに後片付けをして貰わなければならない。人間は極めて社会的な生者なのだから。だが一般的には、習慣的に人様に迷惑はかけてはいけないと言われて教育される。ひょっとするとそう言う風潮が障害者の人々や、高齢者の生き方を制限してしまうのかも知れない。

筋ジストロフィーの鹿野と、彼を支えるボランティアの姿が描かれた実話。単純なお涙頂戴ではない。障害者が自分らしく生きること、そしてボランティアの意味を考えさせられる。冒頭のバナナのエピソードはわがままに見えたが、その後のエピソードではわがままに見えなくなっていく。その変化もうまかった。あれで鹿野さんへの共感がしやすくなった。

大泉洋さんが主役なので、笑える映画かなと予告編を見て映画館に行って、実話で鹿野さんが筋ジストロフィーの患者で生き方を見習う人がいて、我儘に生きようとボランテアを募って家で生きることを決めた。それは画期的な事で鹿野さんとボランテアの相互理解が出来なければ成り立たない事です。

原作をまだ読んでいないのだけど、大泉洋が鹿野さんにしか見えないくらいハマっていた。どんな状況にあっても明るさを忘れない鹿野さん。自由奔放に見えつつも彼なりの悩みを抱えていたりもして、覚悟を持った彼の生き方にもっと触れてみたくなった。

映画としては非常に楽しく鑑賞させていただきました。自らの病に苦しみながらも生きようとする主人公を、良くも悪くも「ワガママ」に描いていて、見ごたえがありました。他の方が言うように、たしかに映画としてはあと一歩半歩足りないような気もしましたが、それを差し引いても非常に良い作品でした。あと個人的に作中のクラシック調のゆったりした音楽が良かったです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。