FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(邦画)

「輪違屋糸里 京女たちの幕末」を無料動画で見る

輪違屋糸里 京女たちの幕末

『輪違屋糸里 京女たちの幕末』の動画をチェック↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『輪違屋糸里 京女たちの幕末』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

au ビデオパス


名前からはわかりにくいですが「au」のサービスです。国内ドラマの見逃し配信や映画など1万本の動画が見放題になります。見放題プランに加入することで初回登録から30日間は無料で利用でき、見放題には含まれない動画が毎月1本レンタルできる540円相当のコインが毎月付与されるので、準新作もしっかり視聴可能。2018年8月にはau以外のユーザーでも利用できるようになり、ますます認知度が上がって、試せる人の数も増えました。日本のコンテンツの充実さは大きな特徴であり、芸能系や話題作など一般向け作品が好みな人ほど楽しめるバラエティになっています。

FOD フジテレビオンデマンド


フジテレビジョンが運営するサービスです。動画配信、ライブ配信、雑誌やコミックなどの電子書籍を1つのプラットフォームで提供するのが大きな特徴で、広範囲をカバーしたエンタメ総合サービスでもあります。テレビ番組の見逃し配信に注目して実践してきたこともあり、番組ファンの利用者を中心に支持を集めています。スマートフォン向けアプリ「FOD」の累計ダウンロード数も順調に増加しており、スマホでの鑑賞も多いことがうかがえます。4万タイトル・15万冊の電子書籍・コミックも配信中なので、デジタルで見ることに抵抗のない本好きの人も見逃せません。

ニコニコ動画


ドワンゴが提供している動画共有サービスで、2006年から地道に運用が始まり、今では日本を代表する動画サイトとして、日本のインターネット・ミームの礎を築いてきた歴史があります。動画にコメントが付けられる機能が有名ですが、ある程度の自由奔放なユーザー文化を維持しているのが、支持される大きな理由。映画に関するさまざまな動画も揃っていますが、利用はあくまで法的範囲内にとどめましょう。「niconico」という名称は世界でも有名になり、他の類似サービスの後追い現象を生み出しました。映画関連の生放送や配信も行われており、のぞいてみる価値ありです。

無料ホームシアター


海賊版コンテンツにリーチするサイトです。違法なため利用しないでください。利用者はアクセス記録が残るため逮捕の可能性もゼロではありません。宣伝にならないようにURLはこちらでは記載していません(情報をぼかしています)。ユーザーの個人情報を騙し取る悪質な広告が表示されるなどして不利益を与えるページも確認されているので、利用は絶対にオススメしません。無料というワードに釣られてクリックやタップをしないようにしましょう。「映画無料動画で夢心地」など他にも類似の危険性を持ったサイトがあるので注意しましょう。

『輪違屋糸里 京女たちの幕末』の作品紹介


作品概要・あらすじ
2018年12月15日に劇場公開。浅田次郎の「壬生義士伝」に続く新選組物時代小説を、「ソロモンの偽証」の藤野涼子主演で映画化。藤野が糸里役を演じるほか、土方役を溝端淳平、吉栄役を松井玲奈、平山役を佐藤隆太、芹澤役を塚本高史がそれぞれ演じる。監督はドラマシリーズ「鬼平犯科帳」などで知られる加島幹也。ゼネラルプロデューサーは友田勇生。

幕末・京都の花街で島原輪違屋に身を置く天神糸里は新選組の土方歳三に恋心を抱いていた。糸里と仲の良い桔梗屋の芸妓・吉栄は芹沢鴨の腹心である平山五郎と恋仲にあった。初期の新選組では近藤勇と芹澤鴨の2人の局長が存在し、それぞれの派閥が対立していたが、それは農民の家に生まれた近藤と武士出身の芹澤という決して超えることはできない壁でもあった。やがて芹澤鴨の暗殺計画が持ち上がり、男たちが抗争を繰り広げる中、糸里ら女たちも男たちに翻弄されていく。

キャスト/キャラクター
藤野涼子/天神糸里
溝端淳平/土方歳三
松井玲奈/吉栄
佐藤隆太/平山五郎
田畑智子/お梅
塚本高史/芹澤鴨
新妻聖子
石濱朗
榎木孝明

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
音羽太夫役の新妻聖子は貫禄があって、太夫としての演技も素晴らしかっただけに、比較してしまい藤野は明らかに劣っていた。勿論、年齢も違うし芸歴も違うので同じレベルの演技をしろとは言わないが、新妻は舞台で鍛えてきた人、ということは藤野(18歳)と同じくらいの年齢でも舞台で経験を積んでる女優を抜擢すれば、この映画もっと良くなったのではないかと思う。

映画自体も、糸里が主人公なのは分かるのだが。映画冒頭で(原作通りなのかな?)吉栄の回想が入る事から。糸里と吉栄、両方の物語の様に見える。藤野涼子ちゃんは頑張ってはいるが。何となく言わされている感が強いのは、彼女が持っている資質の様なモノからだろうか?

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。