FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(邦画)

「春待つ僕ら」を無料動画で見る

春待つ僕ら

『春待つ僕ら』の動画をチェック↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

『春待つ僕ら』の無料視聴はできる?


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (VOD) とも呼ばれ、どこでも自由にインターネット上で視聴できるサービスです。代表的なサービスについて整理してまとめました。

dTV


ご存知ドコモが運営しているサービスで、当初は利用者も限定的でしたが、その手軽さとスマホとの親和性から一気にユーザー数が拡大しました。配信作品数もバラエティに富んでおり、日本のコンテンツを重視する傾向もあるなど、日本人好みが多め。連動企画やここだけの作品もあったり、毎回違った発見もある楽しいサービスが魅力になっています。ドコモユーザーでなくても利用できるので、気軽に試すのも良いでしょう。VODとしては月額の料金が安く設定されているのも、他にはない個性となっており、お得感があります。ドコモ利用者でなくても関心を持ってみると良いのでは?

Google Play


主にAndroid端末向けデジタルコンテンツ(アプリケーション・映画・音楽・書籍など)の配信サービスでしたが、今ではGoogleのアカウントさえあれば誰でも利用できます。Gmailを利用している人は多いので、アカウントをすでに持っている人も多いでしょう。配信作品は非常に充実しており、デジタル配信はDVD販売よりも先行することが多いため、いち早く観たい人には嬉しいです。サイト内で動画を再生するときは、広告ブロックなどをONにしていると上手く再生画面に移行しないときがあるので、必ずOFFにしておきましょう。価格が安くなっているときもあるので要チェックです。

ニコニコ動画


ドワンゴが提供している動画共有サービスで、2006年から地道に運用が始まり、今では日本を代表する動画サイトとして、日本のインターネット・ミームの礎を築いてきた歴史があります。動画にコメントが付けられる機能が有名ですが、ある程度の自由奔放なユーザー文化を維持しているのが、支持される大きな理由。映画に関するさまざまな動画も揃っていますが、利用はあくまで法的範囲内にとどめましょう。「niconico」という名称は世界でも有名になり、他の類似サービスの後追い現象を生み出しました。映画関連の生放送や配信も行われており、のぞいてみる価値ありです。

無料ホームシアター


海賊版コンテンツにリーチするサイトです。違法なため利用しないでください。利用者はアクセス記録が残るため逮捕の可能性もゼロではありません。宣伝にならないようにURLはこちらでは記載していません(情報をぼかしています)。ユーザーの個人情報を騙し取る悪質な広告が表示されるなどして不利益を与えるページも確認されているので、利用は絶対にオススメしません。無料というワードに釣られてクリックやタップをしないようにしましょう。「映画無料動画で夢心地」など他にも類似の危険性を持ったサイトがあるので注意しましょう。

『春待つ僕ら』の作品紹介


作品概要・あらすじ
2018年12月14日に劇場公開。「僕だけがいない街」の平川雄一朗監督が、あなしん原作の同名人気コミックを土屋太鳳主演で実写映画化した青春ラブストーリー。キャスト陣には人気若手俳優が集結し、いつも美月を見守る永久を「君の膵臓をたべたい」の北村匠海、再会した美月に猛アプローチする亜哉を「曇天に笑う」の小関裕太がそれぞれ演じる。土屋と北村が組んだ音楽ユニット「TAOTAK」が主題歌を担当。エグゼクティブプロデューサーは濱名一哉。

ずっと周囲に溶け込めず寂しい思いをしてきた美月は、高校入学をきっかけに「脱ぼっち」を目指すが、なかなか上手くいかない。ある日、バスケ部のイケメン四天王こと永久、恭介、竜二、瑠衣とバイト先で知り合った美月は、彼らに気に入られ一緒に過ごすように。そんな彼女の前に、アメリカ帰りで有名高校バスケ選手の幼なじみ、亜哉が現われ…。

キャスト/キャラクター
土屋太鳳/春野美月
北村匠海/浅倉永久
小関裕太/神山亜哉
磯村勇斗/若宮恭介
杉野遥亮/多田竜二
稲葉友/宮本瑠衣
泉里香/柏木ナナセ
佐生雪/山田レイナ
緒川たまき/神山ユーコ

感想をチェック〈ピックアップ引用〉
等身大の登場人物が紆余曲折しながらも、しっかりと成長して行く感じが上手く描かれており、とても良かったです。バスケットボールがメインなのですが、中心となるイケメン四天王が全員バスケ経験者ということもあり、試合のシーン等はなかなかの迫力がありました。土屋太鳳と北村匠海はエンドロールで歌まで歌っていますが、これは要らないかな。スクリーンの中でみんな輝いていましたが、その中でも特に私の視線が釘付けになってしまったのが、北村匠海のライバル役である小関裕太です。

スポーツと青春とラブストーリー!鉄板です。男子4人が可愛い爽やか系なのでドロドロ感ゼロ。展開は読めても十分にキュンキュンできる内容。作文の朗読は結構グッとくると思う。高校1年生の設定に対するキャスティングとしてはかなり無理があるがそこは目を瞑っても良いほど上出来の作品でした。

爽やかな、心温まる映画でした。画面全体が本当に綺麗で、バスケシーンは躍動感にあふれて美しかった。最後、主人公が作文コンクールで原稿なしで訴えかけるラストシーン。四天王プラス幼馴染との心の交流を経た主人公美月さんの別人のような成長ぶりが、一つ一つの丁寧な言葉とメッセージにあふれていて、本当に見事でした。

バスケのシーンはT校の方がワクワクハラハラしました。キャストに経験者の方が多くて撮影のためにすごい練習もしてきたんだろうなと伺わせるプレイは見られましたが、恋愛、三角関係との比重でバランスが取られてぼけてしまった感が。太鳳ちゃんははにかむ内気なキャラじゃない方が良さが際立つ気がします。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。