FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(洋画)

「告白小説、その結末」を無料動画で見る

告白小説、その結末

『告白小説、その結末』の動画をチェック↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

無料視聴を探すなら動画配信サービスがオススメ!


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (Video On Demand:VOD) とも呼ばれ、視聴者が観たい時に様々な映像コンテンツをインターネット上で視聴することができるサービスです。これまで映画を見る方法は、DVDやブルーレイなどメディア媒体に記録されたデータをユーザーが物理的に購入するしかありませんでした。しかし、これは非常にコストもかかるし、ユーザーも手間が多く、煩雑な手法でもありました。そこで現在急速に主流化していったのが動画配信サービスです。これを用いることで、インターネット環境さえあれば、どこでも自由に作品を視聴することができるようになりました。

VODには、コンテンツごとに課金して限定的に視聴するもの(エレクトリック・セルスルーやペイ・パー・ビューとも呼ばれます:PPV)、月会費や年会費を支払うと多くのコンテンツが好きなだけ見放題となるもの(サブスクリプションモデルとも呼ばれます:SM)があります。どちらも便利であることには変わりありませんが、PPVは新作映画でもすぐに視聴できるものが多く、SMは旧作が多めです。VODによっては、どちらか片方のものもあれば、両方の機能が備わっているものもあり、利用体験はかなり変わってきます。この仕組みについて理解していなければ、「無料じゃないの?」と混乱することがあるので、気を付けましょう。

そのVODは現在いろいろな会社が展開しているサービスがあり、何も知らないと迷ってしまいます。その数の多さに目がいき、細かい違いまではわかりにくいものです。そこで代表的なサービスについて、簡単に機能を整理してまとめました。

U-NEXT


日本の会社が運営しており、かなり歴史もあって、安定しているサービスです。機能としては、PPVとSMの両方を兼ね備えています。コンテンツの種類は豊富で、邦画や洋画から、日本のドラマ、アニメ、番組まで多種多様。使い勝手も良く、リニューアルしたこともあって、便利さは日々改善されてパワーアップしています。無料お試しキャンペーンがあり、その期間であれば、作品が見放題。さらにポイントもあるのでコンテンツ課金作品でも少数であれば無料視聴することが可能です。

TSUTAYA


有名なレンタル企業ですが、VODも展開しています。このサービスの魅力は、配信以外にも、レンタルにも対応しているところ。つまり、「配信で見たい作品がなかった!」というときはレンタルで探すことが可能です。しかも、家にいながらレンタルを注文できて、家まで届けてくれます。返すときもポストに出すだけでいいので、店に行く必要性はありません。通常のVODの欠点をカバーしたものと考えると非常に有用です。こちらも無料でお試しできるキャンペーンがあるので、そちらを利用することで、無料でいくつかの作品を視聴することもでき、楽しい映画ライフを送ることができます。

Videomarket


「ビデオマーケット」は少し知名度が低いですが、作品の充実性で言えば、大手よりもはるかにバラエティに富んでいます。このVODのメリットは、新作に強いということ。配信を開始した作品をすぐに扱い、コンテンツ課金で視聴ができます。SMもありますが、そのバリエーションは少なめなので、メインはPPVの利用となるでしょう。こちらの無料でお試しキャンペーンではポイントをもらうことができ、それで新作映画も視聴ができます。言い換えると、いくつかの作品数であれば、無料視聴が実質可能になるということです。新作映画を確実に見たいのであれば、このVODは強い味方になるでしょう。

Hulu


見放題サービスのなかでは一番日本人に身近なものがHuluです。SMだけで展開していますが、作品の充実さは大きな魅力になっています。アメコミ映画など大作や人気のアニメ作品を始め、シリーズものを一気に配信することも多く、タイミングよく利用すると特定のファンの人には大満足できるでしょう。2017年にはドメインを「hulu.jp」から「happyon.jp」に移行し、サービスをさらにパワーアップさせました。日本の番組も配信されているので、日本のコンテンツが乏しいNetflixよりも日本ユーザーの一般層に親しみやすいのが支持されている理由のひとつでもあります。

Netflix


世界190ヵ国以上で配信事業を展開する、まさに動画配信サービスの王様のような巨大な成功をおさめた企業のグローバルサービスです。日本では2015年に開始されましたが、映画ファンを中心に急速に人気を集め、マニアから一般層、大人から子どもまで幅広い人が利用しています。字幕や吹き替えの選択が自由なほかに、英語字幕が選べる作品もあるため、語学学習に利用する人もいます。Netflixオリジナル作品として独占配信している映画もあり、中には高評価を集め、受賞している非常に素晴らしい名作も生まれており、批評家からの注目も高まっています。

Google Play


主にAndroid端末向けデジタルコンテンツ(アプリケーション・映画・音楽・書籍など)の配信サービスでしたが、今ではGoogleのアカウントさえあれば誰でも利用できます。Gmailを利用している人は多いので、アカウントをすでに持っている人も多いでしょう。配信作品は非常に充実しており、デジタル配信はDVD販売よりも先行することが多いため、いち早く観たい人には嬉しいです。サイト内で動画を再生するときは、広告ブロックなどをONにしていると上手く再生画面に移行しないときがあるので、必ずOFFにしておきましょう。価格が安くなっているときもあるので要チェックです。

ニコニコ動画


ドワンゴが提供している動画共有サービスで、2006年から地道に運用が始まり、今では日本を代表する動画サイトとして、日本のインターネット・ミームの礎を築いてきた歴史があります。動画にコメントが付けられる機能が有名ですが、ある程度の自由奔放なユーザー文化を維持しているのが、支持される大きな理由。映画に関するさまざまな動画も揃っていますが、利用はあくまで法的範囲内にとどめましょう。「niconico」という名称は世界でも有名になり、他の類似サービスの後追い現象を生み出しました。映画関連の生放送や配信も行われており、のぞいてみる価値ありです。

作品紹介


作品概要・あらすじ
2018年6月23日に劇場公開。「戦場のピアニスト」「ゴーストライター」の鬼才ロマン・ポランスキー監督が、「毛皮のヴィーナス」以来4年ぶりに手がけた監督作。フランスの女性作家デルフィーヌ・ドゥ・ビガンの小説「デルフィーヌの友情」を原作に、ふたりの女性が織り成す危うい関係を軸に描いたミステリー。デルフィーヌ役はポランスキー監督の妻でもあるエマニュエル・セニエ、エル役は「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」などハリウッドでも活躍するエバ・グリーン。「パーソナル・ショッパー」「アクトレス 女たちの舞台」などで知られるフランスの名監督オリビエ・アサイヤスが、ポランスキー監督とともに脚本を執筆した。撮影はパベル・エデルマン。

自殺した母親との生活をつづった私小説がベストセラーとなったものの、その後はスランプに陥ってしまった作家デルフィーヌの前に、熱狂的なファンを自称する女性エルが現れる。本音で語り合えるエルに信頼を寄せ、共同生活を始めたデルフィーヌだったが、エルが時折みせるヒステリックな一面や可解な言動に次第に翻弄されていく。やがてエルの壮絶な身の上を知ったデルフィーヌは、その話を小説にしようとするのだが…。

キャスト/キャラクター
エマニュエル・セニエ/デルフィーヌ
エバ・グリーン/エル
バンサン・ペレーズ/フランソワ
ドミニク・ピノン/レイモン
ジョゼ・ダヤン/カリーナ

感想をチェック
作品中に本の表紙に使用された、特大な母親らしき写真を見た主人公。この時、彼女は露骨に嫌な態度を示す。どうやら母親との間には、様々な出来事が有ったのだろう…と、推測される。そしてその事が、彼女の心に重くのしかかっているらしい事も。あくまでも個人的な感覚として。何となくなのだけれど、P・T・Aの『ファントム・スレッド』と重なる部分を少し感じた。

ポランスキーならではの、謎の世界に引き込まれ、ぞくぞくとする映画。ベストセラー作家のデルフィーヌの前に突然現れ近付く、熱狂的なファンの謎の女性エル。エルはサイコパスな一面があり、親しくなるにつれて、デルフィーヌに嫉妬、狂気、恐怖が襲ってくる。エルは実在したのか?幻か?デルフィーヌの妄想か?女同士の不気味な関係の戦慄のミステリー。

賢明な映画ファンはすでに分かっていると思うが、主人公デルフィーヌはドッペルゲンガーなのである。大人しそうなデルフィーヌの様子からは考えられないサイコパスみたいなElleは、彼女の中のもう一つの人格なのだ。小説が書けない産みの苦しみが、もう一つの人格を創造して、その人格に苦しめられつつも、ついに新作をものにする。

脅迫めいた手紙やネットの中傷に辟易し自作はフィクションを書こうと考える主人公に対し、私小説を書くよう説き促し徐々に親交を深めつつも圧を強めて行く謎の女。ヒステリックさが増していくと共にどんどん支配下に置いていく様子は何処かで見たことのある作品の寄せ集め感は否めないけれど、なかなかスリリング。

「ミザリー」と、この映画を観て思うのは、作家にとって理想的なファンとは、自分が書いたものに対して、時には厳しいことも言い、的確なアドバイスをし、ネタを提供してくれる人なんだなと思った。


【!】
無料動画サイトは、動画の画質が悪い、頻繁に再生が停止する、通信が不安定、リンク切れが起こる、広告が表示され視聴の妨げになる、パソコンに負荷をかける、個人情報を盗み取るような不正なサイトが表示されるなど、ユーザーにとって良くない体験をもたらします。そこで作品を無料で見たい場合は、適正に管理されたサイトをオススメします。このページでは、悪質なサイトは排除し、適正なサイトだけを紹介しています。

(C)2017 WY Productions, RP Productions, Mars Films, France 2 Cinema, Monolith Films. All Rights Reserved.
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。