FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(洋画)

「パシフィック・リム アップライジング」を無料動画で見る

パシフィック・リム アップライジング

『パシフィック・リム アップライジング』の動画をチェック↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

無料視聴を探すなら動画配信サービスがオススメ!


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (Video On Demand:VOD) とも呼ばれ、視聴者が観たい時に様々な映像コンテンツをインターネット上で視聴することができるサービスです。これまで映画を見る方法は、DVDやブルーレイなどメディア媒体に記録されたデータをユーザーが物理的に購入するしかありませんでした。しかし、これは非常にコストもかかるし、ユーザーも手間が多く、煩雑な手法でもありました。そこで現在急速に主流化していったのが動画配信サービスです。これを用いることで、インターネット環境さえあれば、どこでも自由に作品を視聴することができるようになりました。

VODには、コンテンツごとに課金して限定的に視聴するもの(エレクトリック・セルスルーやペイ・パー・ビューとも呼ばれます:PPV)、月会費や年会費を支払うと多くのコンテンツが好きなだけ見放題となるもの(サブスクリプションモデルとも呼ばれます:SM)があります。どちらも便利であることには変わりありませんが、PPVは新作映画でもすぐに視聴できるものが多く、SMは旧作が多めです。VODによっては、どちらか片方のものもあれば、両方の機能が備わっているものもあり、利用体験はかなり変わってきます。この仕組みについて理解していなければ、「無料じゃないの?」と混乱することがあるので、気を付けましょう。

そのVODは現在いろいろな会社が展開しているサービスがあり、何も知らないと迷ってしまいます。その数の多さに目がいき、細かい違いまではわかりにくいものです。そこで代表的なサービスについて、簡単に機能を整理してまとめました。

U-NEXT


日本の会社が運営しており、かなり歴史もあって、安定しているサービスです。機能としては、PPVとSMの両方を兼ね備えています。コンテンツの種類は豊富で、邦画や洋画から、日本のドラマ、アニメ、番組まで多種多様。使い勝手も良く、リニューアルしたこともあって、便利さは日々改善されてパワーアップしています。無料お試しキャンペーンがあり、その期間であれば、作品が見放題。さらにポイントもあるのでコンテンツ課金作品でも少数であれば無料視聴することが可能です。

TSUTAYA


有名なレンタル企業ですが、VODも展開しています。このサービスの魅力は、配信以外にも、レンタルにも対応しているところ。つまり、「配信で見たい作品がなかった!」というときはレンタルで探すことが可能です。しかも、家にいながらレンタルを注文できて、家まで届けてくれます。返すときもポストに出すだけでいいので、店に行く必要性はありません。通常のVODの欠点をカバーしたものと考えると非常に有用です。こちらも無料でお試しできるキャンペーンがあるので、そちらを利用することで、無料でいくつかの作品を視聴することもでき、楽しい映画ライフを送ることができます。

Videomarket


「ビデオマーケット」は少し知名度が低いですが、作品の充実性で言えば、大手よりもはるかにバラエティに富んでいます。このVODのメリットは、新作に強いということ。配信を開始した作品をすぐに扱い、コンテンツ課金で視聴ができます。SMもありますが、そのバリエーションは少なめなので、メインはPPVの利用となるでしょう。こちらの無料でお試しキャンペーンではポイントをもらうことができ、それで新作映画も視聴ができます。言い換えると、いくつかの作品数であれば、無料視聴が実質可能になるということです。新作映画を確実に見たいのであれば、このVODは強い味方になるでしょう。

Hulu


見放題サービスのなかでは一番日本人に身近なものがHuluです。SMだけで展開していますが、作品の充実さは大きな魅力になっています。アメコミ映画など大作や人気のアニメ作品を始め、シリーズものを一気に配信することも多く、タイミングよく利用すると特定のファンの人には大満足できるでしょう。2017年にはドメインを「hulu.jp」から「happyon.jp」に移行し、サービスをさらにパワーアップさせました。日本の番組も配信されているので、日本のコンテンツが乏しいNetflixよりも日本ユーザーの一般層に親しみやすいのが支持されている理由のひとつでもあります。

dTV


ご存知ドコモが運営しているサービスで、当初は利用者も限定的でしたが、その手軽さとスマホとの親和性から一気にユーザー数が拡大しました。配信作品数もバラエティに富んでおり、日本のコンテンツを重視する傾向もあるなど、日本人好みが多め。連動企画やここだけの作品もあったり、毎回違った発見もある楽しいサービスが魅力になっています。ドコモユーザーでなくても利用できるので、気軽に試すのも良いでしょう。VODとしては月額の料金が安く設定されているのも、他にはない個性となっており、お得感があります。ドコモ利用者でなくても関心を持ってみると良いのでは?

Netflix


世界190ヵ国以上で配信事業を展開する、まさに動画配信サービスの王様のような巨大な成功をおさめた企業のグローバルサービスです。日本では2015年に開始されましたが、映画ファンを中心に急速に人気を集め、マニアから一般層、大人から子どもまで幅広い人が利用しています。字幕や吹き替えの選択が自由なほかに、英語字幕が選べる作品もあるため、語学学習に利用する人もいます。Netflixオリジナル作品として独占配信している映画もあり、中には高評価を集め、受賞している非常に素晴らしい名作も生まれており、批評家からの注目も高まっています。

Amazonプライムビデオ


世界のネット市場を手中におさめる天下のAmazonが運営するサービス。Amazon利用者なら簡単に開始できます。値段の安さもあって利用者はどんどん増えていき、今では最も利用機会の多いサービスになっています。配信している作品数も非常に膨大です。プライムビデオで見放題になっていない作品も、別個で単品ごとにレンタル視聴でき、その価格も最小で100円からとお得なので、どんな映画を観たい人でも対応できる万能さが売りになっています。最近ではオリジナルコンテンツにも力を入れており、ここでしか見れない作品も鑑賞できるのでますます賑やかになってきました。

作品紹介


作品概要・あらすじ
2018年4月13日に劇場公開。人が乗り込み操縦する巨大ロボットのイェーガーと「KAIJU」と呼ばれる巨大モンスターの戦いを描いて話題となったSFアクション大作「パシフィック・リム」の続編。前作を手がけたギレルモ・デル・トロは製作にまわり、テレビシリーズ「Marvel デアデビル」などで知られるスティーブン・S・デナイトが長編映画初監督を務めた。前作でイドリス・エルバが演じたスタッカーの息子ジェイクが新たな主人公となり、前作から10年後、平穏が訪れたと思われた地球に再びKAIJUが現れたことをきっかけに、新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロットたちの戦いを描いた。ジェイク役は「スター・ウォーズ フォースの覚醒」で一躍世界的に知られる存在となったジョン・ボイエガ。共演にスコット・イーストウッド、ジン・ティエン、前作から続投のチャーリー・デイ、菊地凛子ら。日本からは菊地のほか、新田真剣佑がパイロット訓練生のひとりとして登場する。撮影はダン・ミンデル。

自らの命と引き換えに人類を救った英雄スタッカーを父に持つジェイクは、父とは別の道を歩んでいたが、KAIJUに復讐心を燃やす少女アマーラと出会ったことをきっかけに、義姉である森マコと再会。マコの説得により、一度は辞めたイェーガーのパイロットに復帰することになるが…。

キャスト/キャラクター
ジョン・ボイエガ/ジェイク・ペントコスト
スコット・イーストウッド/ネイト・ランバート
カイリー・スパイニー/アマーラ・ナマーニ
菊地凛子/森マコ
チャーリー・デイ/ニュートン・ガイズラー博士
ジン・ティエン/リーウェン・シャオ
バーン・ゴーマン/ハーマン・ゴットリーブ博士
マックス・チャン/チュアン司令官
アドリア・アルホナ/ジュールス・レジェス
新田真剣佑/リョーイチ

感想をチェック
当たり前のハリウッド映画として嫌いではない。英雄の父に劣等感のある人物が、自分は英雄ではないと言いながらも兵士を鼓舞するうちに英雄化していくとか、冷淡な敵方の女性社長がヒロインの作ったポンコツロボットに乗り込む。など、観ていて心地よくなる演出があり、ハリウッド映画として楽しませる要素がある。

前作を超えられない二作目の典型例になってしまったかな。イェーガーのアクションはカッコイイ、最終決戦はスーパー戦隊ロボの戦闘シーンのようなカッコよさもあったけど、前作と同じ敵では物足りなさもあったり。2018年5月公開の『ランペイジ・巨獣大乱闘』に出てくる巨大化した動物と戦わせるとか、思い切って、ギャレス・エドワーズ版『ゴジラ』のゴジラと戦ってしまうとかね、そんなヒネリが欲しかった。

続編を待ち望んでいたパシフィック・リムがついにやってきた。監督は変わってしまったけれどカイジュウやイェーガーのデザインはあの日のまま。カイジュウがイェーガーを乗っ取ったやつもバイオとメカニックがいい具合に混ざっていてかっこいい。パトレイバーの廃棄物13号を思い出す。

完ぺきではないあたりが、日本の特撮番組みたいな行き当たりばったり展開を思いださせるので逆にいい。キャラクターや設定、組織も大きくなってごちゃごちゃしてきたので、続編は分かりやすいようにまとめてくれるのを願う。あと仲間が訓練生だけじゃなくて、ベテランパイロット仲間がもう少しいるといい。

前作以上にエヴァ要素が張り巡らされていました。前作は特撮怪獣を意識したシーンがありましたが、今回はアニメ系でしょうか。最初の敵が強すぎて後の無人機がそんなに強くなく、もう少し強いシーンがあっても良かった。


【!】
無料動画サイトは、動画の画質が悪い、頻繁に再生が停止する、通信が不安定、リンク切れが起こる、広告が表示され視聴の妨げになる、パソコンに負荷をかける、個人情報を盗み取るような不正なサイトが表示されるなど、ユーザーにとって良くない体験をもたらします。そこで作品を無料で見たい場合は、適正に管理されたサイトをオススメします。このページでは、悪質なサイトは排除し、適正なサイトだけを紹介しています。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。