FC2ブログ

無料映画フル・シアター

無料でフル動画を視聴。映画の無料動画で夢心地、無料ホームシアター、FREE MOVIE2、映画無料動画館、無料映画まとめ館、無料映画動画まとめ…などの動画リンク更新をチェック。
MENU
無料動画(洋画)

「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」を無料動画で見る

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書

『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』の動画をチェック↓



unextvideo1
tsutayavideo2
huluvideo3
dtvvideo4
crankinvideo5
videopassvideo6
youtube予告動画のみ
dailymotionなし

↓以下は利用しないこと(不正・危険)
映画の無料動画で夢心地yume551×
無料ホームシアターmhometheater×
無料映画動画まとめmoviefreematome×
フリドラmvnavi×
オープンロードopenload×
※注意事項は最下部に記載。

無料視聴を探すなら動画配信サービスがオススメ!


動画配信サービスは、ビデオ・オン・デマンド (Video On Demand:VOD) とも呼ばれ、視聴者が観たい時に様々な映像コンテンツをインターネット上で視聴することができるサービスです。これまで映画を見る方法は、DVDやブルーレイなどメディア媒体に記録されたデータをユーザーが物理的に購入するしかありませんでした。しかし、これは非常にコストもかかるし、ユーザーも手間が多く、煩雑な手法でもありました。そこで現在急速に主流化していったのが動画配信サービスです。これを用いることで、インターネット環境さえあれば、どこでも自由に作品を視聴することができるようになりました。

VODには、コンテンツごとに課金して限定的に視聴するもの(エレクトリック・セルスルーやペイ・パー・ビューとも呼ばれます:PPV)、月会費や年会費を支払うと多くのコンテンツが好きなだけ見放題となるもの(サブスクリプションモデルとも呼ばれます:SM)があります。どちらも便利であることには変わりありませんが、PPVは新作映画でもすぐに視聴できるものが多く、SMは旧作が多めです。VODによっては、どちらか片方のものもあれば、両方の機能が備わっているものもあり、利用体験はかなり変わってきます。この仕組みについて理解していなければ、「無料じゃないの?」と混乱することがあるので、気を付けましょう。

そのVODは現在いろいろな会社が展開しているサービスがあり、何も知らないと迷ってしまいます。その数の多さに目がいき、細かい違いまではわかりにくいものです。そこで代表的なサービスについて、簡単に機能を整理してまとめました。

U-NEXT


日本の会社が運営しており、かなり歴史もあって、安定しているサービスです。機能としては、PPVとSMの両方を兼ね備えています。コンテンツの種類は豊富で、邦画や洋画から、日本のドラマ、アニメ、番組まで多種多様。使い勝手も良く、リニューアルしたこともあって、便利さは日々改善されてパワーアップしています。無料お試しキャンペーンがあり、その期間であれば、作品が見放題。さらにポイントもあるのでコンテンツ課金作品でも少数であれば無料視聴することが可能です。

TSUTAYA


有名なレンタル企業ですが、VODも展開しています。このサービスの魅力は、配信以外にも、レンタルにも対応しているところ。つまり、「配信で見たい作品がなかった!」というときはレンタルで探すことが可能です。しかも、家にいながらレンタルを注文できて、家まで届けてくれます。返すときもポストに出すだけでいいので、店に行く必要性はありません。通常のVODの欠点をカバーしたものと考えると非常に有用です。こちらも無料でお試しできるキャンペーンがあるので、そちらを利用することで、無料でいくつかの作品を視聴することもでき、楽しい映画ライフを送ることができます。

Videomarket


「ビデオマーケット」は少し知名度が低いですが、作品の充実性で言えば、大手よりもはるかにバラエティに富んでいます。このVODのメリットは、新作に強いということ。配信を開始した作品をすぐに扱い、コンテンツ課金で視聴ができます。SMもありますが、そのバリエーションは少なめなので、メインはPPVの利用となるでしょう。こちらの無料でお試しキャンペーンではポイントをもらうことができ、それで新作映画も視聴ができます。言い換えると、いくつかの作品数であれば、無料視聴が実質可能になるということです。新作映画を確実に見たいのであれば、このVODは強い味方になるでしょう。

Hulu


見放題サービスのなかでは一番日本人に身近なものがHuluです。SMだけで展開していますが、作品の充実さは大きな魅力になっています。アメコミ映画など大作や人気のアニメ作品を始め、シリーズものを一気に配信することも多く、タイミングよく利用すると特定のファンの人には大満足できるでしょう。2017年にはドメインを「hulu.jp」から「happyon.jp」に移行し、サービスをさらにパワーアップさせました。日本の番組も配信されているので、日本のコンテンツが乏しいNetflixよりも日本ユーザーの一般層に親しみやすいのが支持されている理由のひとつでもあります。

Amazonプライムビデオ


世界のネット市場を手中におさめる天下のAmazonが運営するサービス。Amazon利用者なら簡単に開始できます。値段の安さもあって利用者はどんどん増えていき、今では最も利用機会の多いサービスになっています。配信している作品数も非常に膨大です。プライムビデオで見放題になっていない作品も、別個で単品ごとにレンタル視聴でき、その価格も最小で100円からとお得なので、どんな映画を観たい人でも対応できる万能さが売りになっています。最近ではオリジナルコンテンツにも力を入れており、ここでしか見れない作品も鑑賞できるのでますます賑やかになってきました。

FOD フジテレビオンデマンド


フジテレビジョンが運営するサービスです。動画配信、ライブ配信、雑誌やコミックなどの電子書籍を1つのプラットフォームで提供するのが大きな特徴で、広範囲をカバーしたエンタメ総合サービスでもあります。テレビ番組の見逃し配信に注目して実践してきたこともあり、番組ファンの利用者を中心に支持を集めています。スマートフォン向けアプリ「FOD」の累計ダウンロード数も順調に増加しており、スマホでの鑑賞も多いことがうかがえます。4万タイトル・15万冊の電子書籍・コミックも配信中なので、デジタルで見ることに抵抗のない本好きの人も見逃せません。

Google Play


主にAndroid端末向けデジタルコンテンツ(アプリケーション・映画・音楽・書籍など)の配信サービスでしたが、今ではGoogleのアカウントさえあれば誰でも利用できます。Gmailを利用している人は多いので、アカウントをすでに持っている人も多いでしょう。配信作品は非常に充実しており、デジタル配信はDVD販売よりも先行することが多いため、いち早く観たい人には嬉しいです。サイト内で動画を再生するときは、広告ブロックなどをONにしていると上手く再生画面に移行しないときがあるので、必ずOFFにしておきましょう。価格が安くなっているときもあるので要チェックです。

作品紹介


作品概要・あらすじ
2018年3月30日に劇場公開。巨匠スティーブン・スピルバーグ監督のもとで、メリル・ストリープとトム・ハンクスという2大オスカー俳優が初共演を果たした社会派ドラマ。ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年、政府がひた隠す真実を明らかにすべく奔走した人物たちの姿を描いた。第90回アカデミー賞で作品賞と主演女優賞にノミネートされた。撮影はヤヌス・カミンスキー。

リチャード・ニクソン大統領政権下の71年、ベトナム戦争を分析・記録した国防省の最高機密文書=通称「ペンタゴン・ペーパーズ」の存在をニューヨーク・タイムズがスクープし、政府の欺瞞が明らかにされる。ライバル紙でもあるワシントン・ポスト紙は、亡き夫に代わり発行人・社主に就任していた女性キャサリン・グラハムのもと、編集主幹のベン・ブラッドリーらが文書の入手に奔走。なんとか文書を手に入れることに成功するが、ニクソン政権は記事を書いたニューヨーク・タイムズの差し止めを要求。新たに記事を掲載すれば、ワシントン・ポストも同じ目にあうことが危惧された。記事の掲載を巡り会社の経営陣とブラッドリーら記者たちの意見は対立し、キャサリンは経営か報道の自由かの間で難しい判断を迫られる。

キャスト/キャラクター
メリル・ストリープ/キャサリン(ケイ)・グラハム
トム・ハンクス/ベン・ブラッドリー
サラ・ポールソン/トニー・ブラッドリー
ボブ・オデンカーク/ベン・バグディキアン
トレイシー・レッツ/フリッツ・ビーブ
ブラッドリー・ウィットフォード/アーサー・パーソンズ
ブルース・グリーンウッド/ロバート・マクナマラ
マシュー・リス/ダニエル・エルズバーグ

感想をチェック
女をバカにした新聞社内でのケイの孤独な戦いにも、ぐっときます。テーマはジャーナリズム・マスメディアの本質的な役割についてなんだと思います。体制におもねることなく、権力を監視すること。1970年初頭にそれを命がけで実践した人がいるんですよ。さて、2018年にはできてるの?という問いかけです。言わずもがなですが。

この件に関しては、やはりタイムズの方に脚光が浴びている時間ではあるが、そこでワシントンポストの方に焦点を当てている。ウォーターゲート事件へ結びつく事件ということでそういう構成になったのかとは思うが、これまで知らなかった、ワシントンポストの功績について知ることができ、面白かった。どんな国にもこういう報道の規制が働くとは思うが、はやり真実を伝えるという報道のあり方について再認識させてくれるいい映画だった。

都合の悪いことは藪の中へ。いつの世も、為政者の悪行は隠されて、握りつぶされて、なかったことにされてきたのだ。
そんなことあってたまるか、と義憤に燃える人たちの反逆のドラマは数々あれど、ハッピーエンドな物語はなかなかなかったのではないか。実話ならなおさら。

新聞や報道の崇高さを描くと同時に、女性が初めて自分で決断を下すことに焦点を当てていて、スピルバーグの時代とのシンクロニシティに鳥肌がたった。文字組、印刷、輪転機、配達の描写も美しく、ラスト近くの刷り上がった新聞が螺旋状に上昇していく引きのカットが素晴らしい。ちゃんと校閲や整理の描写もある。

スピルバーグが長年に渡って良作を生み出せるその理由は彼のストーリーテリング力の高さであろう。メディアVS政府の構図を取りながらも物語の真髄は真相の究明ではなく、得られた情報を公表する勇気に焦点を当てている。ジャーナリズムの本質とは何かをこのような切り口で描くとは全くもって脱帽である。


【!】
無料動画サイトは、動画の画質が悪い、頻繁に再生が停止する、通信が不安定、リンク切れが起こる、広告が表示され視聴の妨げになる、パソコンに負荷をかける、個人情報を盗み取るような不正なサイトが表示されるなど、ユーザーにとって良くない体験をもたらします。そこで作品を無料で見たい場合は、適正に管理されたサイトをオススメします。このページでは、悪質なサイトは排除し、適正なサイトだけを紹介しています。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。